iPad Air (第4世代)が7,700円OFF!
詳細はこちら

【レビュー】OPPO Find X3 Pro(CPH2173)のファーストインプレッション。美しさと面白さ〜スペック情報や発売情報などまとめ〜

Review

7月7日の七夕になんと!できるモンは超ハイスペスマートフォンを無料でGETしちゃいました!今回手にしたのは、7月15日発売予定の『OPPO Find X3 Pro(CPH2173)』です!

                                          

                                        

嬉しすぎてTwitterでも自慢しちゃってます。

今回このハイスペックスマートフォンを手に入れることが出来たのは、Instagramのキャンペーンに参加をしていたからです。そうです。つまり、このハイスペックスマートフォンは…。無料なんです!無料でこの端末を手に入れてしまいました…。今年の運勢を全て使い果たしたといっても過言では無いでしょう。

                                    

せっかく手に入れたこのスマートフォンをレビューしない訳にはいかない!ということで、今回は急ピッチで作成しています。発売までも時間がないので、購入するか否かを悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

※今回のレビュー記事はファーストインプレッションとなっていることをあらかじめご了承ください。

                                        

注意
  • OPPO(Color OS)の使用は初めてです。
  • OPPO Find X3 Proに関してのレビューはいくつかに分けて紹介を予定しています。

                                       

OPPO Find X3 Proって?

レビューに行く前にまずは、OPPO Find X3 Proがどの様なスペックなのか?どんな特長があるのか?を紹介していきたいと思います。

既に端末情報に関する知識があるという方や使い心地が知りたい!という方はこちらの項目は飛ばしてちゃってくださいね〜。

                                      

簡単に製品の特長を紹介するよ!

OPPO Find X3 Proの製品特長
  • 10億色のデュアルフラッグシップカメラ搭載
  • 10億色を表現するディスプレイの採用
  • 10bitフルパスカラーエンジン
  • 最新SoC『Qualcomm®Snapdragon™888』搭載
  • SuperVOOC対応
  • IP68採用

                                       

『世界初の世界へようこそ。』がキャッチコピーのOPPO Find X3 Proは、10億色のデュアルフラッグシップカメラを搭載し10億色のQHD+ディスプレイを採用しています。

                                     

また、一般的なスマートフォンのカラーマネージメントシステムは8bitですが、OPPO Find X3 Proには10bitが採用されています。そのため、撮影・保存・表示において色彩を欠かす事無く実行出来るようになっています。

                                    

曲線美が美しいこのデザインは『未来的な曲線を描く宇宙船』をモチーフにしています。カメラモジュールの巨大化で背面デザインが損なわれないように、1枚のガラスで設計し全体的に統一感が生まれています。

また、このデザインは【レッド・ドットプロダクトデザイン】を受賞しており、日本国内のオーディオビジュアル機器の総合アワードVGP 2021では、『スマートフォン(10万円以上12.5万円未満)』部門で金賞を獲得しています。

                                     

                                           

スペック

スペックに関しては以下の通りとなっています。(スペックはSIMフリー版を基準にしています)

                                   

端末スペックサイズ:163.6×74.0×8.26mm
重量:193g
メモリRAM:12GB
ROM:256GB
外部メモリ:非対応
ディスプレイサイズ:6.7インチ
画面占有率:92.7%
解像度:3216×1440(QHD+)
リフレッシュレート:最大120Hz
タッチサンプリングレート:最大240Hz
最大輝度:800nit(通常時)
パネルタイプ:AMOLED
カメラ【アウトカメラ】
広角:約5000万画素
超広角:約5000万画素
望遠:約1300万画素
顕微鏡:約300万画素
【インカメラ】
約3200万画素
CPUQualcomm®Snapdragon™888
コア数:8コア
GPUAdreno™660
バッテリー容量:4500mAh(2250mAh×2)
急速充電:65W SuperVOOC対応
生体認証ディスプレイ指紋認証
顔認証
センサー・地磁気センサー
・環境光センサー
・色温度センサー
・近接センサー
・加速度センサー
・ジャイロセンサー
・歩数計
ネットワークSIMカードスロット:なのSIM×2
SIMカードタイプ:nano-SIM
接続Wi-Fi:2.4/5GHZ 802.11 a/b/g/h/ac/ax
Bluetooth:ver.5.2
USBポート:USB Type-C
イヤホンジャック:Type-C
NFC:対応(Felica非対応)
OSColor OS
位置情報GPS
BeiDou
QZSS(みちびき)
同梱物本体
AC アダプター
イヤホン
USB Type-C データケーブル
SIM取り出しピン
安全ガイド
クイックガイド
保護フィルム(貼付済)
保護ケース

                                          

※今回表示しているスペックはSIMフリー版の内容となっています。キャリア版を検討されている方は該当ページの確認を行ってください。

                                          

Find X3 Pro開封

さぁ、それではファーストインプレッションに参りましょう!

記事の冒頭にも書いていますが、OPPO Find X3 Proに関するレビュー記事はいくつかに分けての紹介を予定しています。Color OSの使用が初めてなので、手探り状態ではありますが製品の善し悪しをお伝えしていければと思います。

なお、今回のキャンペーンで当選したOPPO Find X3 ProのカラーはAG グラスを使用しているホワイトとなっています。(※カラーは選択不可でした)

当選DMが届いた時から、ホワイトが良いと願っていたのでかなり嬉しいです!オウガ・ジャパン様ありがとうございます!

                                          

購入に二の足踏んでいる方の決断をお手伝い出来たら嬉しいよね!

それじゃあ今回も最後までよろしくね

Let’s開封の儀〜!

                                      

同梱物

※今回紹介するのは、OPPO Find X3 Proのホワイトなのでグロスブラックの同梱物とは仕様が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

OPPO Find X3 Proの同梱物は、

  • 本体(保護フィルム貼付済)
  • AC アダプター
  • イヤホン
  • USB Type-C データケーブル

となっています。

                                     

黒い箱の中には以下のものが同梱されていました。

  • SIM取り出しピン
  • 安全ガイド
  • クイックガイド
  • 保護ケース

                                  

SIMスロットはこんな感じ。外部ストレージ非搭載なので、コンパクトなSIMスロットカードになっています。

SIMピンに関しては、OPPOの『O』をモチーフに作られています。どのSIMピンもそうですが、扱いを間違えると折れそうになるので力加減には十分ご注意を。

                                 

同梱されている保護ケースを、自身所有のRedmi Note 9Tの保護ケースと比較してみました。左がOPPO Find X3 Proの保護ケースで、右がXiaomi Redmi Note 9Tです。

Redmi Note 9Tの保護ケースは透明ですが、OPPO Find X3 Proの保護ケースは不透明のケースとなっています。付属しているケースは黄ばみやすく透明で目立つのが難点ですが、不透明であれば目立つことは無さそうです。

質感としては、ツルツルという事は無くサラサラとしていてRedmi Note 9Tの保護ケースより高級感があります。

ケースとしてはELECOM(エレコム)が人気のようで、ソフマップ・ドットコムではお取り寄せ表記になっています。ひかりTVショッピングでは在庫がある様子。

                                    

続いてはAC アダプターを見ていきましょう。左から順に

  • iPhoneのAC アダプター
  • iPadのAC アダプター
  • OPPO Find X3 ProのAC アダプター

を前ならえで並べてみました。OPPO Find X3 ProのAC アダプターがいかに大きかが分かりやすいのではないでしょうか?大きい分重量もあります。

                                        

続いてはイヤホンマイクを紹介していきましょう。iPhone 11シリーズ以前の様に、イヤホンマイクが同梱されていたので嬉しかったです。iPhone同様マイクと音量ボタンが備わっています。OPPO Find X3 ProはイヤホンジャックもUSB Type-Cに接続します。

                                   

以上の同梱物がこちらの箱に入っていました。中から外まで高級感のある製品であるというファーストインプレッションとなりました。

                                   

                                         

外観

▲本体左側面

音量ボタンがあります。

                               

▲本体右側面

OPPO Watchと同じ見た目の電源ボタンがあります。

                                     

▲本体上部

マイク穴がポチッとあります。

                                

▲本体下部

スピーカー、USB Type-C装入口、マイク、SIMスロットが設置されています。

                                   

▲カメラ周り

ガラス1枚で設計されている背面は、曲線美があり美しい出来上がりとなっています。これだけ大きなカメラが設置されていても邪魔になっておらず、見目の良いフォルムが◎

                                  

▲本体の全体の雰囲気

無駄がなく綺麗な背面となっています。カラーはグロスブラック・ホワイトの2色展開ですが、個人的にはホワイトがかなりオシャレでオススメです!

購入するならホワイト一択!

                                   

▲保護ケース装着時

先ほど紹介した不透明の保護ケースを付けても、デザインの邪魔をしていません。高級感を損なわず装着出来るので、別のカバーを買わなくても良いのかなと感じました。ただ、カバーはソフトとハードで好みが分かれると思うのでソフトが苦手な方は、デザインを損なわない物を選ぶのが良いかも知れません。

                                       

                                     

発売情報

注意

購入の際は、正規販売代理店にて購入することを当ブログでは推奨しています。昨今は正規ではないのにも関わらず、正規販売代理店を名乗っている業者もありますのでご注意下さい。

正規販売代理店以外で購入すると端末補償サービスを受けれられないなどのデメリットに繋がる場合もあります。

                                   

以下の店舗での販売がOPPOが公式に発表した販売店舗となっています。

MVNO
  • au(キャリア版)
MNO
  • IIJmio
  • goo Simseller
  • Linksmate
Retail
  • EDION
  • Joshin
  • nojima
  • BIC Cameraグループ
  • YAMADA
  • ヨドバシカメラ
EC
  • Amazon.co.jp
  • ひかりTVショッピング
  • OPPO公式 PayPayモール店
  • OPPO公式楽天市場店

                                       

一部の販売店舗のリンクを紹介しておくね

良かったら覗いてみてね

IIJmioモバイルサービス データ通信専用SIM ライトスタートプラン

ひかりTVショッピング

YAMADA ウェブコム

ソフマップ・ドットコム icon

OPPO公式 PayPayモール店

Amazon.co.jp

OPPO公式楽天市場店

                                           

今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

次回は初めての設定に関する情報やカメラに関する情報をレビューしていきたいと思います。ブログ更新情報はできるモンのTwitterにて発信予定です。良かったら覗いてみてください。

それではまた〜

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました