【備忘録】2月13日の地震は震度6強、M7.3〜憶えておきたい地震の際の対処法など〜

できるモンの日常

2月13日午後11時08分頃。

福島県、宮城県を中心とする震度6強の揺れが発生しました。Twitterのトレンドには『地震大丈夫?』など様々な地震に関するツイートが流れていました。

その中で覚えておきたいと感じた内容を残しておきたいと思います。個人で追える範囲なので、足りない部分も有ると思います。その際は、追加した方が良い内容などを教えて頂けると助かります。

良ければ…

できるモンのTwitter

▶︎@Dekiru_MON2020 まで

もしくは、ブログの『お問い合わせ』からお願いします。

                                   

                                    

今回の地震について

2021年2月13日に起きた地震の規模について。

  • マグニチュード:M7.3(速報時点ではM7.1)
  • 最大震度:6強(福島県、宮城県にて観測)
  • 震源地:福島県沖
  • 震源の深さ:約60km

                                       

                                   

今回の地震は2011年3月11日に発生した東北大震災の余震であるとされており、1週間前後の大きな地震に備える必要があるとされています。

                                    

▼2011年3月11日

▼2021年2月13日

気象庁は地震に関する情報を随時更新しています。

▶︎詳しくはこちら

                                    

東北大震災の際の本震は余震発生から約50時間後に発生しているというツイートもありました。(※今回もそうなると断言は出来ません) 

                                   

                                      

地震発生時に注意したい事

地震発生時の注意事項に関するツイートもあります。

▼ツイートに関してはコチラ

▶︎BuzzFeedのサイトはコチラ

                                   

【住宅が被災した場合は、片付けなどの前に(なるべく)写真を撮って現況証拠を保存しましょう。罹災証明や保険申請の際に必要となる場合がございます。また、来年の確定申告のために、領収書などは捨てずに大切に保管する様にした方がいい。】

というツイートもありました。

                                    

二次災害にも要注意
  • 通信火災

停電した際は、ブレーカーを落とし電気器具のプラグをコンセントから抜き、電源が落ちていることを可能な限り確認してください。 電源スイッチが入ったままの電化製品がある場合や、配線・電気器具が損傷したりしている可能性もあります。

  • 一酸化炭素中毒の危険性

屋内で発電機の使用は危険です。運転中の発電機の排気には一酸化炭素が多く含まれている為、屋内で使うと一酸化炭素中毒の危険性が高まり、最悪の場合死に至るなど身体に大きな影響を与えます。

                                   

覚えておきたいとっさの身の守り方はコチラ

                                    

災害時の通信環境について

Yahoo!ニュースでの確認はコチラ

▼SoftBank公式Twitterより

▼docomo公式Twitterより

                                     

覚えておきたいバッテリーを長持ちさせる方法
  • 画面の明るさを落とす
  • 画面の自動オフの時間を短縮
  • wi-fi ・Bluetooth・位置情報サービスをOFF
  • 低電力モードON

                                    

▼LINE公式Twitterのツイートはコチラ

                                  

Pick up

災害時に誰でも利用可能になる無料Wi-Fi『00000JAPAN』はいざという時に使える様にしておくことをオススメします。

▶︎00000JAPAN

                                      

TwitterやLINEのプロフィール画像やアカウント名に『無事』など安否状態を入れておくと一目で分かるという方法も覚えておきたいです。

                                    

                                      

『備える』という事について

地震発生後の楽天市場のリアルタイムランキングでは、防災キットが上位を占めていました。多くの方が危機感を持ち行動をしているのだなと個人的に感じました。

防災キットはふるさと納税での購入も可能になっています。

大切な家族を守るためにも参考にしておきたいと感じたのはコチラ

                                    

ペット用の防災キットもありますので、都度保存期間を確認しながら常備しておくのが良さそうです。

                                     

備忘録は以上となります。

先述している通り足りない部分があると思います。それでも、少しでも誰かの役に立てたら嬉しいです。今回もお付き合い頂きありがとうございました。それではまた。

                                    

                                     

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました