【実体験】無効なトラフィックでGoogle AdSenseが停止?!実行した対処法を紹介〜アドセンス狩りに負けるな〜

ブログ運営

久しぶりのブログ運営カテゴリーの更新です。今回は実体験を紹介していきます。タイトルにもある通り、Google AdSenseが停止になりました。(表向きは制限ですが…)

これまでに自己クリックで制限からの停止となった事がありますが、今回は明らかに自身では無いのでいわゆる【アドセンス狩り】と呼ばれる荒らしの可能性が有ることを踏まえつつ対処を行っています。

                                    

アドセンス狩りって?

という方のために、簡単にGoogle AdSenseについて説明をしていきます。そもそも今回発生した無効なトラフィックには以下のような状態を指します。

無効なトラフィックとは、広告主様の費用やサイト運営者様の収益を作為的に増やす可能性のあるクリックやインプレッションのことです。無効なトラフィックには、意図的な不正トラフィックや偶発的クリックが含まれます。

AdSenseヘルプより引用

AdSenseヘルプページには以下のような例も挙げられています。

無効なトラフィックの例
  • サイト運営者様が、ご自身のライブ広告をクリックしてクリック数やインプレッション数を増やすこと
  • 1 人以上のユーザーが繰り返しクリックして、クリック数やインプレッション数を増やすこと
  • サイト運営者様がご自身の広告でのクリックを誘導すること(例: 広告をクリックするようユーザーを誘導するあらゆる言葉、大量の偶発的クリックを誘発する広告掲載など)
  • 自動クリックツールやトラフィック ソース、ロボット、その他の不正な行為を行うソフトウェア

結局どういうことなんだ?

カタカナが多くて小難しいですよね…なので、できるモン的に解釈をして簡単に言うと、『 AdSenseは訪問者の純粋なクリック以外は基本的にはアウト』ということです。

                                     

無効なトラフィックの例と見合わせるとこんな感じになります。

  • 自己クリック不可
  • 他者が複数回クリックするのも不可
  • AdSenseをクリックするように誘導するのも不可
  • 自動クリックツールなどでクリックするのも不可

という事になります。

気をつけてほしいのは、

  • 身内や友人などが良かれと思ってクリックを繰り返してしまう事
  • SNSなどで AdSense合格でのお祝いクリック

優しさが時には大きな損失になってしまう場合があるという事を忘れないでね!

                                     

では、アドセンス狩りとは何なのか?

無効なトラフィックの例にもある『1 人以上のユーザーが繰り返しクリックして、クリック数やインプレッション数を増やすこと』の部分に該当します。

中には優しさで複数回クリックする人もいますが、わざとクリックを繰り返すことでGoogleに『無効なトラフィック』として認知するように仕向けアドセンスを停止させる行為をする人も世の中には一定数居るんです…。そういった行動の事を表すのがアドセンス狩りと言われています。怖いですねぇ…。

                                

今回の制限がアドセンス狩りとは断言できませんが、対処するに越した事は無いかなという気持ちとわざとなら絶対に対処出来るようになってやる!という気持ちを持って実施しました。

                             

アドセンス狩りと無効なトラフィックに関する内容はこれまでにしておいて、本題の対処法に関する内容を紹介していきます。

                             

無効なトラフィックの対処は簡単

そもそもですが、Google先生からの悲しいお知らせは今回で3度目となります。このブログを運営して1年が立ちましたが、情けない報告ばかりです。1回目に関しては自分の知識不足による自己クリックによる、『制限⇛停止』という流れでした。が!2,3回目に関しては無効なトラフィックによる制限です。

2回目の制限時に関しては放置していましたが、3回目となる今回に関してはアドセンスの収益が伸び始めてきている中でだったので、何が何でも対処したいと考えました。

                                   

今回の対処に必要な物は以下の通りです。

  • Google AdSense
  • GoogleAnalytics
  • Word Pressプラグイン(※必須ではありません)
  • GoogleDrive

以上、4点です。操作に関してはスマートフォンで可能なことばかりとなっています。できるモン自身は所有のiPhone XR(ブラウザ:Safari使用)にて操作しました。このあと出てくる画像はiPhoneのスクリーンショットとなっています。

                                   

無効なトラフィックの割り出し

まずは、無効なトラフィックがどの時点で発生しているのかを特定していきましょう。今回Google AdSenseの制限に関するメールが届いたのが3月10日でした。

▼コチラがそのメールです。

なので、3月10日以前に AdSenseの収益が跳ねた箇所で無効なトラフィックが起きたことが推測されます。推測される事柄から実施する手順は『 AdSenseの収益を確認』です。

                                  

▼AdSenseの【レポート】項目を開き、日付を3月1日から停止するまでの3月10日に設定します。

                              

▼3月8日が跳ねている結果になりました。

Google AdSenseで収益の変化した日付を特定出来たら、次はAnalyticsへ移動をします。 AdSenseで日付を特定したら、Analyticsでどこからのアクセスかを特定する作業を実施します。

                                   

▼番号順に実施します。

  1. Analyticsのユーザー⇛地域⇛【地域】を選択
  2. 日付を設定(今回の場合は3月8日)
  3. 地図表示を【 AdSense】に設定
  4. プライマリディメンションを【市区町村】に設定

                                   

1〜4の手順を実施することで上記の画像のように(隠していますが)地域名と数値が表示されるようになります。表の【 AdSenseのCTR】欄の昇降順を設定すると%が高い地域が上に表示されます。今回は地域名と数値を全て伏せていますが、結果としては関東地方のCTRが800%となっていました。出てきた結果を証拠としてスクリーンショットで保存をします。

                               

これで、【いつ】と【どこから】のアクセスかを特定することが出来たので証拠として保存したスクリーンショット画像を併せて報告していきます。次は『報告』の段階に関する説明をしていきます。

                                 

無効なトラフィックを報告

割り出しが完了したので、次は報告をしていくわけですがここからの作業が大事です。Google先生に自分の無罪と清廉潔白を主張し認めてもらわないといけません。

AdSense⇛Analyticsと開きましたが次は AdSenseを再度開き【ポリシーセンター】へと向かいます。 AdSenseでなくてもメールから行くことは出来ますが、後々の作業手順を踏まえると AdSenseからアクセスすることをオススメします。

                                     

▼ AdSenseに表示されている!のマークからアクセス

青字の『ポリシーセンター』からアカウントに関する情報を確認します。

                                     

▼制限されていると警告マークがあります。

『詳しくは、無効なトラフィックを防止する方法についての記事をご覧ください。』を選択するとAdSenseのヘルプセンターへと行くことが出来ます。

                           

『Googleにお知らせください。』を選択すると連絡フォームへといくことが出来るので、これまでに特定した内容などを打ち込みます。

                               

下記が連絡フォームでの入力事項となっています。

(※)は必須記入項目です。

氏名(※)

メールアドレス(自動入力)

サイト運営者ID⇛ AdSenseアカウントの【pub−】で始まる固有の識別子

広告コードが表示されるURL(※)⇛自身のブログURL

トピック(※)⇛「アカウントで発生する〜」を選択

クリックが発生した日時⇛ AdSenseで特定した日付を入力

無効なクリックの疑いが有ることを示す該当部分⇛特定した日時・地域を箇条書きなどで表記。より細かく記入出来るなら記入しておきましょう。

(省略)レポートのデータをご記入下さい⇛別記のデータ送信方法を参照

全て記入完了後《送信》ボタンを押せば報告作業が完了します。

無効なトラフィックに関する作業は以上となります。

お疲れさまでした!

                             

データの送信方法

ヘルプセンターより報告をする際に【レポートのデータをご記入下さい】という欄があるので、証拠として保存したスクリーンショットを添付します。添付するためにGoogleDriveからアップロードをして、リンクの共有を行えばOKです。

  1. 『+』マークから新規作成で画像をアップロード
  2. リンクの共有をON
  3. リンクをコピーして、報告の欄に貼り付ける

対処の結果はこんな感じ

できるモン自身の結果を最後に報告しておきます。この結果通りに全ての人がなるとは限りませんが、参考になれば嬉しいです。

できるモンの制限〜復活とその後
  • 3月8日:無効なトラフィック発生
  • 3月10日:アカウント制限のお知らせ
  • 3月11日:特定&報告実施
  • 3月19日:アカウント復活(広告がブログに表示される)
  • 3月24日:無効なトラフィック再び発生
  • 3月26日:再度広告非表示
  • 3月28日:ヘルプセンターより報告

約一週間で制限が解除されたかと思いきや、再び制限がかかってしまいました。

金額が飛び跳ねたのでもしやと警戒していたらこの様な結果に…

                                  

3月26日の非表示のタイミングでは、Google先生からのメールは届いていません。加えて説明をするとGoogle先生からは制限のメールは届きますが、制限が解除されたメールは届きません。

アカウントが30日間停止した場合には解除のお知らせメールは届きますが…

イマイチGoogle先生はつかめませんね。

                                   

アクセスが伸びたのと同じタイミングで制限がかかってしまったのは痛手です。皆さんはそうならないように、日々Google Analyticsの監視を怠らないでくださいね!

                               

まとめ

それでは最後にまとめです。

実施環境と今回行ったそれぞれの使用用途は以下の通りです。

実施環境:iPhone XR(Safari使用)

Google AdSense:日付の特定&ポリシーセンターにて報告作業

Google Analytics:アクセス場所特定

Google Drive:証拠の画像を作成

Word Pressプラグイン:特定の際により細かな情報を得る場合に使用(今回説明していません)

制限解除(目安):報告から約8日経過後

                                              

解除に関しては目安なので、人によっては2週間前後かかることも有るようです。プラグインでアドレスを特定したり、時間や覗いていたページなど事細かに情報を得る事も出来るようです。今回はAnalyticsと AdSenseにて対処しましたが、今後も無効なトラフィックが続けばあらゆる措置も取らないといけなくなるので、プラグインの導入も検討しています。

どんなプラグインが有るのか気になる方は検索してみてください。

                                        

それではまた~

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました