【実体験】iPadはサブパソコンになる最強のタブレット端末

タブレット端末 ブログ運営

今回は、6ヶ月間ノートPCを使用せずiPadでブログを運営してきた実体験についてお話していきたいと思います。ブログはiPadだけで運営していける物では無いので、iPadだけでやっていこうと考えている方&iPad初心者は『iPadはパソコンになる』を過信しない様にしましょう

          

上級者の解説の『iPadはパソコンになる!』は全ての人(特にiPad初心者)に当てはまるとは限らないので、全て鵜呑みにしないように注意しましょう。

                        

本題に入る前に…

限界を感じるのは主にカスタマイズの部分なので、『カスタマイズはそんなにしないなぁ。』という方や、『カスタマイズが必要な時だけネカフェ行くよ』という方は iPad単体で事足りるかと思います。   

        

         

散々 iPadブロガーを名乗ってきたできるモンです。が、正直 iPadだけではブログは運営出来ません。正確に言うなれば、開設・記事作成などは出来ますが限界が有ります

        

iPadだけでブログを運営していくのは、

         

できるモン
できるモン

本当にキツい!キツいし色々足りない!

とどのつまりは、オススメしない!

        

という訳で、今回はどの様な点で上記のような限界を感じるのかオススメしない理由は何かを説明していきたいと思います。実体験なので、人によりけりな部分が有るかと思います。ですが、これから iPadのみでブログ運営をしていこうと思っている方は少し参考にして頂ければな。と思います。

          

        

使用している機種は iPad無印(第6世代)です。そもそものスペックが2020年7月の現行機種の中では、低いです。加えて、キーボードやマウス・スタイラスペンなどを使用しない極めて劣悪な環境でブログを運営しています。

なので、第6世代以降の機種にも今回の実体験が当てはまるとは限りませんのでご了承下さい。

             

      

iPadはパソコンの代わりになるのか?

 iPadを触る人

なれます!

     

いやいやおかしいだろ!さっきと言ってることが違うじゃないか!

ってなりますよね?

          

パソコンになれる。というのはパソコンがある事が前提の答えです。

          

iPad単体(第6世代)ではパソコンの代わりになる!とは言い切れません。タブレットとしては最強の端末である事は間違いありませんし、タブレット端末の購入を検討して方には、正直Android製のタブレット端末はオススメしません。『iPad』一択のオススメをします。

            

        

大事なことなのでもう一度言います。

iPadはサブであればパソコンになりますが、単体ではパソコンにはなりません。そして、タブレットを購入するならiPad一択です。

           

iPadは最強のタブレット端末

iPadがタブレット端末として最強であると言えるのは、シェア率からも見て取れます。国内外のタブレット端末のシェア率は以下の通りです。

            

国外国内
Apple34.6%
(前年度 29.6%)
Apple53.2%
Samsung15.1%
(16.0%)
HUAWEI13.3%
Huawei9.8%
(10.0%)
NECレノボ7.0%
Amazon9.0%
(8.1%)
富士通6.6%
Lenovo5.9%
(6.0%)
Microsoft5.6%

             

上記は、2019年のタブレット端末のシェア率です。国内外共にAppleが堂々の1位となっています。日本人はブランド力の強い物を好む傾向からAppleシェア率が『異質』と表現されるほどにシェア率が高くなっています。iPhoneのみならずiPadもシェア率が国外よりも高いのが肯けます。

        

では、なぜiPadがこんなにもシェア率が高いのか?

         

答えは、パフォーマンスが最強だからです。

クリエイティブな活動をされる上級者〜動画鑑賞やネットサーフィンと言った初心者までを幅広く網羅するパフォーマンスを備えているからです。

パソコンよりも手軽に持ち運べて、スマホよりも画面が大きく作業しやすい。という大きなメリットを持つタブレット端末はiPad以外に無いわけです。

         

本体のパフォーマンスさることながら、コスパに関しても最強なんです。2020年8月末時点の最強コスパは【iPad Pro (第4世代)】です。

             

iPad Pro(第4世代)iPad 無印(第6世代)
値段11inch:84,800円(税別)〜
12.9inch:104,800円(税別)〜
32GB:37,800円(税別)〜
128GB:48,800円(税別)〜
チップA12Z BionicA10 Fusion
画質Liquid Retinaディスプレイ
(ProMotionテクノロジー搭載)
※リフレッシュレート 120Hz
Retinaディスプレイ
カメラ4Kビデオ
超広角
LiDARスキャナー
HDビデオ
認証方法顔認証指紋認証
画面サイズ11inch/12.9inch9.7inch

      

所有しているiPad 無印(第6世代)と比較した表となっていますが、明らかに高性能である事がよく分かります。少し前のApple製品は質が高い分値段が高いと言った印象でしたが、最近ではコスパにも力を入れてきた印象があります。

       

ですが、タブレット端末に9万円近く払うのは高いと感じる方も多いかと思われます。それもそうです。9万円有れば、ASUSのゲーミングパソコンが余裕で買えてしまう値段ですからね…!

        

Pro以外の製品(無印・Air)でも最近のモデルではコスパが期待出来ます。(※第6世代は期待出来ないのでオススメしません。)

         

iPad 無印(第7世代)iPad Air
値段32GB:34,800円(税別)〜
128GB:44,800円(税別)〜
64GB:54,800円(税別)〜
256GB:71,800円(税別)〜
チップA10 FusionA12 Bionic
画質RetinaディスプレイRetinaディスプレイ
認証方法指紋認証指紋認証
画面サイズ10.2inch10.5inch

         

無印またはAirを選択すると約9万円がグンッと一気に安くなりました。安くなったら性能がガタ落ちか?と思う方もいるかも知れませんが、そんな事はありません。第6世代から第7世代にグレードはアップし画面サイズが大きくなったのにも関わらず、値段は安くなっています。

          

そして、大きな違いとして『Smart Keyboardの対応』しているか否かです。Apple Pencilは両世代とも利用可能です。純正のアクセサリーが使いたいと考える方は第7世代を選択する事をオススメします。

        

できるモン
できるモン

第7世代と比較しただけでも、第6世代の不便さが分かりますね…パソコンもなければ、キーボードもない。そんな環境でよく半年も運営してこられたなぁ…

             

              

iPadは『サブ』ノートパソコン

             

ここまでは、タブレット端末として最強であるということの説明をしてきましたが、先述したiPadはノートパソコンと並行で利用する【サブ】の立ち位置であるという事をこれから説明していきます。

        

動画を視聴したり、ネットサーフィンをしたり、電子書籍を読んだりするという面では、スマートフォンよりもノートパソコンよりも圧倒的に使い勝手が良い製品です。Apple Pencilを購入すれば、メモの使い勝手も良くなりますし、クリエイターとしての活動にも力を入れる事が容易になります。タブレットとして凄く優秀な物であることからシェア率の高さも納得がいきます。

        

ですが、ノートパソコンにはなれません。特にできるモンのように、ブログメインでiPadを使い倒すというのは限界が来ます。なぜなら、パソコンとiPadの編集作業範囲が違うからです。

     

表示される項目がiPhoneよりは多いけれど、パソコンよりは少なくなります。また、作業効率に関してもiPhoneよりは良いけれど、パソコンよりは悪くなります。つまり、どの面においても中間の立ち位置になるという事です。

       

だからこそ、ノートパソコンにはなれない【サブ】という立ち位置なのです。

iPad 無印(第6世代)で感じるブログ運営の不便な点をまとめていきます。

デメリット
  • 複数ブラウザで作業をするとクラッシュを起こす事がある
  • 固定ページを作成出来ない
  • メニューの編集が出来ない
  • ウィジェットの編集画面が小さくCSSの追加などに時間がかかる
  • Cocoon設定で編集出来ない箇所がある

        

他にも作業している上で細かな不便はありますが、大きなデメリットは上記の5つとなります。特に厄介なのが『クラッシュ』です。

         

クラッシュの対処法として実施しているのは、iPad自体の電源を落とす事です。一旦電源を落とし、再起動をするのは時間がかかってしまうので、出来れば避けたい点ではあります。が、端末のクラッシュは予期せぬタイミングで起こる事なので、避けようがありません。

         

対策としては、端末の利用時間を決めて長時間の使用を避ける事と、ブラウザを3つ以上開かない。という事をしています。

         

固定ページ・メニュー・ウィジェット・Cocoon設定の編集が出来ないというのは、サイト自体の編集が出来ないという事に直結します。なので、サイトを作り込みたいという方には大きなデメリットとなります。

コードが分からないできるモンにとっては、クラッシュよりもダメージは少ないです。が、編集出来ればまた違った楽しさもあるのかなと思っています。

          

          

デメリットばかりで無く、勿論タブレット端末及びサブのノートパソコンとしてのメリットもあります。

メリット
  • 持ち運びがしやすい
  • 画面が小さすぎず、大きすぎず
  • iPhoneとの連携で作業効率が上がる
  • コピペがしやすい

          

デメリット同様細かく言えばもう少しありますが、大きなメリットはこの4点です。デメリットを実感した今でも、このメリットには助けられています。

         

今回の記事の頭にもありますが、カスタマイズをしないという方や必要時にはネカフェなどで作業が出来るという方はiPadをメインとしての利用が可能です。

それ以外の方は【サブ】としての利用をオススメします。

         

          

今回も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

それでは、また次回。

広告
タイトルとURLをコピーしました