【必見】フリーランサーの特権のAmazonビジネスに登録しよう!

段ボール お金に関する話

今回の内容は、個人事業主やフリーランサーそして、法人関係者の方へ向けた記事の作成となっております。

開業届を提出し、正式に個人事業主及び法人関係の皆さんに質問です。

          

できるモン
できるモン

必要な備品はどこで購入していますか?

  

    

  • 近所のスーパー
  • オフィス用品通販
  • 場合により異なる

などなど…

    

『Amazonで購入しているよ!』そんな方も中には居るかもしれません。もし、Amazonで購入しているという方はちゃんと【Amazonビジネス】を利用して、お得に備品を購入していますか?

   

まさか、

『Amazonビジネスを知らない』

     

『Amazonビジネスに登録せず買い物をし続けている』

         

なんて事はありませんよね?

   

それ、実はめちゃくちゃ勿体無い事なんです!

今日は個人事業主や法人の方向けに、お得な【Amazonビジネス】というサービスについて説明していきます。

    

気になる方は要チェックです!

      

     

Amazonビジネスとは?

配達

そもそも【Amazonビジネス】って何?という方もいらっしゃるかも知れないので、軽く説明をしておきましょう。

     

            

Amazonビジネス】はネット通販大手サイトのAmazonが、ビジネス向けに展開しているサービスの事です。ただし、ビジネスアカウントの作成が必要になるので、一般の方は利用できないサービスとなっています。(作成に関しては無料となっています。)

    

    

Amazonビジネスとは、企業がオフィス用品を購入する仕組みを変えるものです。多くの中小企業にとってオフィス用品の購入は、時間と手間のかかる作業です。特に他にもすべき仕事があるときほど、良い商品を良い価格で見つけ、支払いも簡単に済ませるということはとても大変です。Amazonビジネスは規模や業種を問わず、あらゆる企業のニーズに答え、多くのメリットをもたらします。

Amazonより引用

    

つまり、【Amazonビジネス】はオフィス用品の通販会社と同じサービスをAmazon独自の方法で展開しているサービスという事です。

    

アカウントの登録に関してはどうなっているのかというと、

        

ビジネスアカウントおよびビジネスユーザーアカウントは法人および事業を行う組織を対象としており、ビジネス用途にのみ使用することができます。ビジネスユーザーアカウントを作成するには、有効な電子メールアドレスを使う必要があります。Amazon.comは、事業者名や住所、事業者番号、またはお客様が組織やユーザーについて提出した、あるいはAmazonビジネスの対象となる資格についての正確性と適格性を検証するためにAmazonが要求した、あるいは必要と判断した情報を使用することがあります。Amazonは、提供された情報を検証するために直接またはサードパーティを介して照会を行うことがあります。Amazonビジネスの利用を承認、却下する権利は Amazonが有します。

Amazonより引用

     

       

と、なっているため一般や個人向けのサービスでは無い為、該当しない方は登録自体が出来ないという訳です。

        

個人事業主にAmazonビジネスがオススメな理由

個人事業主やフリーランスが確定申告をするにあたって必要となるのが、『経費処理』です。経費処理をしっかりと行わないと損をしたり、気付かない内に脱税していたり…と必要不可欠な上に、煩雑な作業になっています。

        

税務上のルールを守ったうえで、『仕分けや入力作業などをいかに効率化できるか?』や『個人事業主の経費処理の面倒を解消できるのか?』はサービスを選ぶ上で重要な部分となっています。Amazonビジネスには、そんなサービスを含めた5つのオススメポイントがあります。

      

                   

5つのオススメポイント
  • プライベート用と事業用を簡単に区別可能
  • レシートを1枚1枚入力する手間を解消
  • カード明細を保管可能
  • 買い物しながらを仕訳が可能
  • 領収書に関するリスクの解消

Amazonだからこそ出来るサービスであり、個人事業主やフリーランスには欠かせないサービスばかりとなっています。確定申告を楽にしたい方は是非【Amazonビジネス】を検討してみてくださいね。

          

Amazonビジネスの6つの特長

選べる支払い方法

支払い方法:請求書による後払いが可能です。

法人向けクレジットカード: 会社で使用している法人向けクレジットカードをグループで支払い方法として共有することができます。

その他:コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー・代金引換など

     

法人価格で更なるコスト削減を実現

法人・個人事業主様向け特別価格: ビジネス向けの割引きが多数の商品に適用されています。

数量割引:購入対象商品の数量に応じて割引が多数の商品に適用されています。

一覧で価格を比較:一つの商品ページで複数の出品者の価格を比較できます。

     

Businessプライム

更に便利なBusiness向けプライムでAmazonの迅速な配送がビジネスでも変わらずに利用可能となっています。

無料お急ぎ便:お届け日時や指定便が注文金額に関わらず使い放題です。

複数社員で活用:最大3ユーザーまでは年会費4,900円(税込)から始まる会員プランを選択する事ができます。

あらゆる規模法人へ:会員プランはあらゆる企業規模に対応しています。

     

※Businessプライムにお申込みいただかない場合にも、Amazon.co.jpが発送する商品の通常配送では、2,000円(税込)以上のご購入の場合で日本国内の通常配送料が無料になります。

       

          

豊富な品揃えでどんな商品でもすぐに見つかる

Amazonビジネスでは、あらゆる業種のニーズに対応した商品を取り揃えています。

ビジネス向けセレクション追加:これまでのAmazonの商品に加えて、ビジネス向け商品も追加されています。

役立つ品揃え:ITから清掃用品、オフィス用品から飲食店の消耗品までAmazonでは豊富な数の商品の中からお選びいただけます。

     

組織で1つのアカウントを共有

会社やチームで1つのビジネスアカウントを共有できます。承認ルールを設けて購買を統制し、また、購買履歴をまとめて管理及び分析が可能です。

全社員・チームメンバー登録:複数のユーザーを1つのビジネスアカウントに登録できます。組織構造に合わせて購買グループを作成し、支払い方法を共有できます。支払いをまとめることで立て替え精算がなくなり、経費処理の手間が省けます。

承認ルール設定: 承認者の承認なしでは発注できないように設定できます。

購買データ取得: 全ユーザーの購買データを取得でき、グループやユーザーごとに分析できます。

システム連携: 外部カタログサプライヤーとして購買システムにAmazonビジネスを追加するなど、様々なシステムの連携が用意されています。

      

購買・分析機能で経理作業が簡単に

『いつ』『誰が』『どれくらい』購入したかが詳しく分かります。税金や送料、部門など任意の項目で購買レポートを作成し、ダウンロードできます。これにより、帳簿作成や経費処理の手間が削減されます。

全登録ユーザーが利用可能 : 購買分析のツールは、管理者の他、購買依頼者も利用できます。
⇨管理者はグループ及びユーザーの商品カテゴリー別の他、多角的に購買履歴を管理・分析が可能。

カスタマイズできるテンプレート : フィルターと項目を自由に組み合わせて、注文や返品・返金など、購買履歴を管理と分析が可能。

データダウンロード: カスタイマイズしたテンプレートを保存、ダウンロードして購買実績の分析にご活用いただけます。領収書をまとめてシステムに手入力する必要がなくなります。

       

  

Amazonビジネス【Businessプライム】について

    

Businessプライムには、4つのプランがあり価格も¥4,900/年(税込)〜¥270,000/年(税込)と大きく違ってきます。

     

会社の規模によってプランが変わってきます。規模が大きければ大きいほど、プランの内容もランクが上がるという形になります。

先程も説明した通り【Amazonビジネス】は、

  • 個人事業主
  • 法人

     

など、一般の個人の方以外が使える無料で登録可能なAmazonのサービスとなっています。

法人割引があったり、料金支払い《請求書払い》が使用出来たり、複数ユーザーの利用(プラン内容により異なる)社員それぞれが会社の備品を購入できたりと、ビジネスで使える機能が豊富なサービスなんです!

     

注意点はこちらです。

    

Businessプライムの会員特典は、お客様のビジネスアカウントの主体である組織のための商品を購入する場合にご利用いただけるものです。再販目的での商品の購入、またお客様の顧客または見込み顧客に商品を配送するために会員特典をご利用いただくことはできません。

Amazonより引用

      

つまり、Businessプライムは組織外での利用や、転売目的などでの使用は出来なくなっています。

         

          

Amazonビジネスのメリット・デメリット

段ボール

オフィス用品の通販に対抗したサービス展開は、Amazonの元々ある通販での仕組みを最大限に利用しています。ですが、どのような商品やサービスにもメリットやデメリットは付き物です。

Amazonビジネスにおいても然り…

どういったメリットやデメリットが有るのかを見ていきましょう!

     

メリット

  • 価格が安い
  • 独自の割引有り
  • クーポンあり

価格面でのメリットが多いです。

また特長6つからも分かる通り、個人事業主にも優しいサービスが豊富になっています。

デメリット

  • プライム会員以外は送料がかかる場合がある。

プライム会員と非会員とで差別化している部分として、配達面です。

※2,000円以上の購入で送料は無料になります。

    

   

法人の規模に対応する為にプランが4パターンあり、加えて会員と非会員での差がある事から【Amazon Business Prime】への加入がオススメです。特に、個人事業主の方には経理の面でのメリットが大きいと思われます。

   

    

       

また、注意点としてはBusiness Primeでは【Amazon Prime】にある動画サービスなどを利用する事は出来ません。

           

商品によって価格が異なりますが、Amazonビジネスは無料でアカウントが作成可能ということからも、備品の購入先候補の1つとして検討するのはオススメです。個人事業主の方にはAmazonビジネスの利用価値は大きいと思います!

   

    

   

今回も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

それでは、また次回。

広告
タイトルとURLをコピーしました