5月14日
●iPad 第9世代/256GB
スペースグレイ・シルバー
Amazonにて在庫あり
気になる方はお早めに

BlackShark4ProがAmazonや楽天市場・家電量販店でも取扱開始!〜お得なセット販売あり〼〜

Gaming

Black SharkのTwitter公式アカウントは、4月26日のツイートで『Black Shark 4 Pro』の一般発売に関するアナウンスを実施しました。

80,000円で購入出来る予約販売が終了し、新たに89,980円での一般発売がスタートしました。

予約販売では、

  • Black Shark 4 Pro本体
  • FunCooler 2 Pro
  • Magcase

の3点が18,930円が割り引かれた80,000円で購入出来るというお得な内容でした。

本日(4/26)から始まった一般発売は、

  • Black Shark 4 Pro
  • Magnetic Cooler
  • Magcase

の3点セットです。価格は99,930円から9,950円OFFの89,980円となっています。本体価格のみでアクセサリー類が付いてくるイメージですね。

ツイートにもありますが、取り扱いのある店舗やネットショップに関しては以下の通りとなっています。

  • Glimpse公式サイト
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • Amazon
  • ヨドバシカメラ
  • ビックカメラ

※お得なセット販売は、Glimpse・楽天市場・Yahoo!ショッピングのみとなっています。

タグで『BlackShark』や、カテゴリーのGamingにてレビューやその他の端末情報を更新しています

良かったら併せて覗いてみてね!

BlackShark4Proのスペック

今回一般発売がスタートする、『BlackShark4Pro』のスペックを改めて紹介していきたいと思います。

SoCQualcomm® Snapdragon™ 888 SDX65、3.2GHz
Qualcomm®Adreno™660GPU
RAM12GB
ROM256GB
※拡張SDメモリカード機能なし
カラーXシャドウブラック
無地コスモスブラック
サイズ・重量サイズ:横76.3mm × 縦163.8mm × 厚み10.3mm
重量:約220g
ディスプレイディスプレイ:6.67インチ(Samsung E4 AMOLED)・有機ELディスプレイ・中央パンチホール直径:2.76mm
アスペクト比:20:9 
画面解像度:2400×1080、FHD+
最大画面輝度:1300nit
・アイケアモード(ローブルーライト機能)
・SGS認証済(試験・検査・検証)
・MEMC
・画像エンハンスメント
リフレッシュレート144Hz
タッチサンプリングレート720Hz
(※マルチタッチサンプリングレート時:360Hz)
カメラ【背面カメラ】
広角:6400万画素
超広角:800万画素
マクロ:500万画素
【前面カメラ】
2000万画素
スピーカーデュアルステレオスピーカー
ヘッドホンプラグ3.5mmイヤホンプラグ
バッテリー4500mAh(2250mAh × 2※取り外し不可)
6Aケーブル付き
Qualcomm QuickCharge 4.0 +最大120W対応可能
日本モデルはUSB Type-C:120W急速充電器を同梱
物理ボタンマグネット式ポップアップトリガー
冷却システムサンドイッチ液体冷却システム
(VC液体冷却板 + シングル液体冷却パイプ)
各種センサー重力センサー
環境光センサー
近接センサー
ジャイロスコープ
コンパス
側面指紋センサー
ForceTouchセンサー(感圧センサー)
Shark Eye
ネットワーク(対応周波数帯) 2✕CA、3✕CA、4✕CA、5✕CA; EN-DC
WCDMA:Band 1/2/4/5/6/8/9/19 
LTE-FDD:Band1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28
LTE-TDD:Band34/38/39/40/41
5G NR:Bandn1/n3/n8/n28/n41/n77/n78/n79
 
※5G mm-Waveは支持していません。
SIMデュアル Nano SIM カード
※3G回線による同時待ち受けはできません。
※現時点では5G回線をご利用される場合は、シングルSIM(SIMカードを1枚のみ挿入)の場合のみご利用いただけます。
BluetoothBluetooth 5.2対応
aptX・aptX HD・aptX Adaptive・LDACオーディオ転送をサポート
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac/ax
Wi-Fi周波数帯 2.4G/5GHz
2 *2 mimo、MUMIMOをサポート
Wi-Fi6、WiFiディスプレイ、WiFiダイレクト、Wi-Fiホット
スポット、2 * 2 mimo、MUMIMOをサポートしています。
GPSGPS/AGPS/GLONASS/BEIDOU /Galileo /QZSS
その他防塵・防水レベル:IPX2
DisplayPort Alt Mode対応
スクリーンプロジェクションインターフェース:
DP1.2データ送信:USB 3.1
同梱物Black Shark 4 Pro
高速充電電源アダプター(120W)
USBType-Cデータケーブル
SIM TrayEjector
保護ケース
スクリーンプロテクター
クイックスタート
ガイドACアダプタ
USB Type-Cケーブル
ロゴステッカー 
※保護フィルムは最初から本体に貼り付けてあります。

『Black Shark 4 Pro』には、Qualcomm®Snapdragon™888が搭載されています。フラッグシッププロセッサは、8コアアーキテクチャを備えた高度な5nmプロセス技術を採用しています。

特許取得済みの溶接技術を使用して設計された2つの液体冷却ユニットは、内部コンポーネントを挟む革命的な「サンドイッチ」構造を有しています。前モデルの構造を更にアップグレードし、全体の放熱力が30%増加しています。

Black Shark 4 Proは「MagicPress」と呼ばれる感圧タッチ機能(3Dタッチ)がある感圧ディスプレイを搭載しています。物理的なポップアップトリガーと同じように、お好きなボタンにマッピングし、強く押した時にマッピングしたボタンの機能が作動。例えばジャンプしながら撃つ、移動しながら撃つなどが容易に実現します。また、最大7レベルの幅広いプレス感度をサポートしているため、あらゆるゲームシナリオを正確に制御できます。 そして今回は、ミスタッチ防止も改善され、最高の感圧体験を実現。この感圧ディスプレイにより、最も競争の激しいゲームでも正確な動きで対応できます。

ゲーム用に設計されたOSのJOYUI 12.8は、MIUI12のほとんどの機能を継承しています。

日本語に対応したスマートアシスタントの『SharkChan』が搭載されているので、ゲーミングスマートフォンならではの機能を味わうことが出来るのも魅力の1つ。

ゲームシステムの『Shark Space 4.0』は、ゲーム中のパフォーマンスを支えてくれる機能です。サイレント機能やマスタータッチ設定などの機能を調整を可能にしてくれます。

上記以外にも、ゲーミングスマートフォンならではの機能を搭載している『Black Shark 4 Pro』はゲーミングだけではなく日常使いにももってこいのスペックとなっています。

BlackShark4Pro販売店舗

※お得なセット販売は、Glimpse・楽天市場・Yahoo!ショッピングのみとなっています。

※Black Shark 4 Proの国内正規販売代理店は【Glimpse】となっています。各種ネットショップをご利用の際は、店舗名を確認してから購入しましょう。

正規販売代理店以外での購入は、保証対象外などデメリットが発生する場合があります。

BlackSharkは今が買い時?

皆さんもご存知の通り、1ドル当たり120後半円という円安状態が続いています。130円台になった瞬間もありました。

こういった中で、問題になってくるのは新製品の値段です。

Black Shark公式Twitterアカウントでもツイートがあるように、今後各種製品の値段が高騰してしまう可能性が大です。

最強コスパゲーミングスマートフォンである『BlackShark』も、手にするのが困難であったり高価になったりする可能性があります。

購入を予定されている方は、なるべく早めの決断が良いのかも知れませんね…。

今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

世界的に様々な出来事が同時に起きている中で、中々数年前のような暮らしをするのが難しい状況が続いています。そんな中で、皆さんのお買い物に役に立てたら嬉しい限りです。

それではまた〜

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました