ミッション・インポッシブル!コスパ重視スマホメーカーのXiaomi(小米科技)とは一体?

Xiaomiのロゴ Xiaomi

     

今回は、ガジェットの”ガワ”好きなできるモンが買い悩んでいる【Xiaomi】というメーカーについてお話をしていこうと思います。


     

Xiaomiを知ったきっかけがコチラのスマホです。

スマホ

Mi Note 10という機種です。

       

(細かい部分を言えば、Black sharkというゲーミングスマホで知ってはいたんですけれども…)

詳しく知りたい!勉強しよう!となった大きなきっかけは、この機種でした。

      

とにかく久しぶりにビビっときたガワなんですよねぇ…なんてスタイリッシュなんだ…なんて美しいんだ…って感じでした。しばらく画面から目を離せませんでした。

      

ASUSはMeMo Padの頃あたりに興味を持ち出して、今も好きなんですけれども、こんなに良いなぁ…となったのは久しぶりでした。大人になって感性が変わったのかなぁ…なんて。

       

あくまでもコレはきっかけで、今購入は考えていません。現在のスマホの残債もありますのでね…(こういった状況を考えると、マジで4年契約はしちゃダメですよ!笑)

      

ちなみに、買い悩んでいた商品はコチラです。

Xiaomiのスマートウォッチなんですけれども、レビュー動画やレビュー記事を読むとワクワクが溢れて、溢れて…笑

      

レビューを見る感じだと、【ちょーコスパ!】らしいんですよね。スマートウォッチデビューに良いんじゃ無いかなー?とか、充電の持ちスマホより良いのか〜。とか気になる部分が多い事多い事!笑


ちなみに、楽天市場での価格は5,000円近くなんですよねぇ…そうなんです。Amazonがちょー安いんです!4,000円を切るというね。素晴らしいですね…Amazon…

     

(7月14日に購入致しました!レビュー記事作成予定です。)

      

話が逸れてしまいましたが、早速本題に入っていきましょう!

        

        

Xiaomiってなんだ?〜できるモン勉強する〜

     

スマホ

世界中でありとあらゆるスマホメーカーが日々新しいデバイスを作成しています。


そんな世界が驚くほど勢いを伸ばしているのが、中国のスマホメーカーであるXiaomi(シャオミ)なんです。

        

        

由来

ちなみに、Xiaomiは漢字表記で『小米科技』と書きます。『小米』とは《雑穀》を意味します。

         

ロゴ

【Mi】というロゴマークは【Mobile Internet】のイニシャルである『MI』と『米』の中国での発音が同じであることから、このロゴになったという訳です。

    

名前のせいで農業やそれに基づく関連の企業と間違われた事があるとか、ないとか…

その他にも【mission impossible】という意味もあるようですね!とてもユニークな会社ですよね。

         

Xiaomiは事業開始の2010年4月からわずか数年という短い時間で、大手スマホメーカーであるサムスン・Apple・Huaweiなどを抑えて中国国内で、トップクラスに君臨しました。

     

その実力を保持しながら、世界シェア第4位の座にもついている大手スマホメーカーなんです。中国のスマートフォンメーカーは世界中の中でもスマホメーカー大国なのです。

そのパイオニアとも言える存在なのが、Xiaomiという訳ですねぇ…


凄いですよね。
スタート同時にグングンスピードを上げていくF1カーみたいな勢いですよね。

そんなXiaomiは、なんと!日本市場に本格参入し始めているようで、これはめちゃくちゃ気になる案件です!
もっとOPPOの様に大々的にCMが流れたりする日もそう遠くは無いのかも知れません!

   

XiaomiはAppleの戦略を徹底に徹底を重ねた事で、トップ企業に上り詰めた事も相まり『中国のApple』と例えられる事があるようですね。新しいやり方では無く、見本となる企業をしっかり選定し模倣する。

    

凄い企業ですね…
マネするというのも、ギャンブル的な要素がある様に思うので尚更凄いです…


近年OPPOなどの新興中国スマホメーカーたちの勢いにより、中国国内でのシェアを大きく下げることもあったようです。

     

      

が!インドやヨーロッパ等未開拓のスマホ市場に進出することで、流れを取り戻し世界シェアの座を守り続けているというのを知りました。スタート時の策略から、土壇場での軌道修正。その当時は全く知らないので、ただただ凄い企業だなぁ…と思っています。


その一方で、シャープと揉めたりもあったようですね…
有名どころになると大変な面やややこしい側面もある事がよーーーーく分かりますね笑

      

      

Xiaomiはスマートフォンだけでなく、周辺機器やスマホと連動したスマート家電の事業も執り行っており、総合家電メーカーとしても勢いを伸ばしています。

         

通信機器事業

モバイルバッテリー


・スマートフォン
・スマートフォンアクセサリー
・ウェアラブル端末
などなど…

スマートフォンだけでなく、周辺アクセサリーやウェアラブル端末などを幅広く展開している印象です。

冒頭で紹介した、スマートウォッチ(ウェアラブル端末)は世界でも高いシェアを占めています。

          

つまりは、ウェアラブル端末は通信機器事業の柱となっている事業なのです。

スマート家電事業


・空気清浄機
・炊飯器
などなど

スマホと関連付けた『スマート家電』も展開しており、ホームページにも炊飯器が載っているのもそういう事なんですね。

これらの家電を取り扱う事で、家電メーカーとしても本格的な事業を行っているのです。

インターネットサービス事業


動画、音楽の配信など

スマホ事業でグングン伸ばしながら、その勢いを絶やす事なく様々な方面に事業を展開しているのがXiaomiの特徴という事ですね!

        

以上が、Xiaomiについてできるモンが勉強した内容となります!

参考になっていれば嬉しいです。
間違いが有れば教えて下さい!

       

     

Xiaomi製品の画像はXiaomiHPより引用しました

  

        

今回も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

それでは、また次回。

広告
タイトルとURLをコピーしました