1億曲以上が30日間の無料体験で聴き放題

RHINOSHIELD SolidSuitレビュー!MIL規格対応の耐衝撃性能特化ケース

当ブログにはプロモーションが含まれています。

この記事では、RHINOSHIELD(ライノシールド)の『SolidSuit』という米軍MIL規格超えの耐衝撃性能を有するケースのレビューを行っています。

iPhoneのケースはどれを選べば傷付かずに済むのかを悩み中々買い替えに踏ん切れないできるモン(@Dekiru_MON2020)です。

今回はiPhone XRに実際に装着してみての感想や、RHINOSHIELD(ライノシールド)のSolidSuitのオススメポイントなどを紹介していきます!みなさんが普段使っている物と比較しながら読んでいって貰えると嬉しいです。

ライノシールド
iPhone XRに装着時

《RHINOSHIELD SolidSuit》を紹介しているこの記事を読んでいる方は、RHINOSHIELDに興味がある方であったり耐衝撃性能に優れたケースを探している方が多いと思います。

ぶっちゃけ、お気に入りのスマートフォンケースを見つけるまでは『どれが良いのかわからない』とか『なんとなく売れている物を使おう』って考えしか無くて先日まで100均のケースを使っていました…笑よくよく考えたら10万円近いiPhoneを使っているのに、ケースを適当に選んで安価なモノを装着してしまっているという矛盾。落としたら絶対に傷付くであろうケースとしての頼り無さ…。

そんな中で出会った、耐衝撃性能に優れたRHINOSHIELD!

米軍MIL規格超えの耐衝撃性能で3.5mの落下衝撃からもスマートフォンを保護するだけでなく、RHINOSHIELD独自の特殊構造で衝撃吸収率が10%向上しています。

また、RHINOSHIELDはサステナビリティへの取り組みも行っています。

ケース選びに迷っている人はぜひ読んでみてね
候補に入ったら嬉しいなぁ…

この記事は、メーカー様より製品の提供していただき作成しております。

Rhino Shield《Solid Suit》
総合評価
( 5 )
メリット
  • 耐衝撃性能に優れている
  • オリジナルケースを作成できる
  • iPhoneを落としても傷つけない
デメリット
  • 装着・脱着が大変
  • iPhoneが1回りほど大きくなる
目次

RhinoShield(ライノシールド)とは?

ライノシールド

レビューに入る前に、RHINOSHIELD(ライノシールド)というメーカーについて紹介していきましょう。

同メーカーは、スマートフォン周辺機器の研究や製造を行なっている台湾のベンチャー企業です。2013年にクラウドファンディングのプラットフォーム(KICKSTARTER)で、支持を拡大していき衝撃保護シートを生産開始しました。その翌年には、拡大した支持により全方位を保護するスマートフォンケースを開発するための資金調達に成功しています。そして、耐衝撃に特化したスマートフォンケースの販売を開始した会社となっています。

また、研究開発の主なメンバーはイギリス・ケンブリッジ大学の材料学研究者と材料化学研究者で構成されているんです。

とどのつまり、RHINOSHIELD(ライノシールド)は耐衝撃ケースに特化しているメーカーなんです。

日本でもAmazonなどでの販売もされているよ
世界的にもユーザーのいるメーカーなんだよ!

RHINOSHIELD(ライノシールド)には、下記の種類のケースタイプがあります。

  • SolidSuit(耐衝撃ケース)
  • Mod NX(耐衝撃モジュラーケース)
  • CrashGuard NX(耐衝撃モジュラーバンパーケース)
  • Clear(耐衝撃クリアケース)

今回は4種類の内の《SolidSuit(耐衝撃ケース)》を紹介します。

iPhoneケースだけでなく、ASUSなどAndroidスマートフォンのケースも販売されているんだよ!

              

RHINOSHIELD SolidSuitについて

ライノシールド
RHINOSHIELD SolidSuitの性能
  • アメリカ軍規定テスト(MIL-STD 810G)の基準を超え、3.5メートルの落下衝撃を吸収
  • ハニカム構造がケースの衝撃吸収力を10%増加
  • 新しいShockSpread™️素材の強度により、断裂・破損をよりしにくいケースを実現(下記動画参照)
  • 薄型軽量設計
  • 害を及ぼす化学物質(BPA/BPS/BPFなど)の不使用

SolidSuitのケース内側には、蜂の巣の形をした『ハニカム構造』施されています。全面をハニカム構造にする事で衝撃吸収力を10%アップし、3.5mから落としたとしてもその衝撃を吸収してくれるので高所での作業をする場合にも安心して使用出来ます。(※落下場所によっては傷が付く可能性があります。)

ケースには、RHINOSHIELD独自の素材【ShockSpread™️】を採用する事で耐久性を上げるだけでなくフィット感を高め長時間の装着でも緩む事はありません。

YouTubeに投稿されているRhinoShieldによる実験動画を見ることで、実際の耐衝撃ケースの性能がどれだけ凄い物かを知る事が出来ます。

            

動画から分かる通り、SolidSuitのケースとしての耐衝撃性能が驚異的です。日常ではあり得ないほどの扱い方をしてもスマートフォンへの衝撃を吸収しています。iPhoneを落としてしまった事がある人は、きっとこの動画を半信半疑になってしまうくらいの耐衝撃性能ではないでしょうか?

この性能の高さを持ちながら、ケースの厚さは0.3cm・重さは30gと薄型で軽量という特徴を兼ねています。また、健康に配慮し最新製品は米国FDAの食品等級基準を満たし、害を及ぼすプラスチック製品に使用されている化学物質(BPA/BPS/BPFなど)を含んでいません。

スマートフォンケース市場でトップクラスの性能を持ちながら、日常使いにも配慮されているなんて…!

SolidSuitのデザイン

SolidSuitには、クラシックタイプ(カラー全6種類)と特殊材質(6種類)の2種類があります。また、クラシックタイプはデザインを選択する事が出来るケースとなっています。

今回、レビューのために提供して頂いた製品は以下の5種類となっています。

ライノシールド
▲(左から)レザー・Starry Galaxy・波・ホワイト・ロイヤルブルー

特殊材質タイプは6種類ありますが、カラーに関してはブラックのみとなっています。クラシックタイプは本体カラーを6種類の中から選択する事ができるので、Starry Galaxyや波のようにデザインが入った物も選択する事が出来ます。

勿論、シンプルな物がお好みの場合はホワイトやロイヤルブルーのような無地を選ぶ事も可能となっています。

クラシックタイプの選べるデザインは約190種類あり、カラーと好きなデザインを選択する事が出来ます。が、それだけではありません!パーソナルカスタマイズを選択することで、文字や写真をケースに入れて自分だけのオリジナルのケースを作成することも出来るんです。

パーソナルカスタマイズケース
  • フォトカスタム:撮影した写真などでケースをデザイン
  • 文字カスタム:文字色やフォントを選択しデザイン
  • ホットスタンプ:ホットスタンプで刻印
  • 数字:文字だけでなく背景も選択可能

お気に入りの1枚や大切な家族写真で作るのも良いね!
世界で1つのスマートフォンケースを作りたいって思う人にお勧め

SolidSuitの使用感

SolidSuitの装着前後でどれくらいサイズが変わるのかをまずは見ていきたいと思います。装着前はiPhone XR自体の大きさを、装着後は定規で測定したサイズを記入しています。

背面(縦)背面(横)サイド高
装着前150.9mm75.7mm8.3mm
装着後153mm 80mm 14mm

全体的に1回り大きくなりました。手の小さい方や元々大きめのスマートフォンを利用している方には、より一層大きく感じられるのかなと思います。

ライノシールド

ですが、この厚みや大きさにより3.5mからの落下衝撃に耐えうるとすれば全く気にならない大きさでは無いでしょうか?SolidSuitの装着で得られるは《耐衝撃性能》による安心感は最大のメリットだと思います。

ライノシールド

iPhoneのカメラは、背面よりも出張っているカメラが多くなっています。その為、カメラレンズに傷が付く事も多いのでは無いでしょうか?ですが、SolidSuitは側面から見て分かる通り、メラよりもケースが約1mmほど高くなっているのでカメラレンズの周りが傷付くのも防げる設計になっています。

また、音量ボタンに関しては硬めに作られているので、ポケットや鞄に入れていても勝手に音量が上がる事はありません。

ライノシールド

カメラ部分だけではなく、ディスプレイ部分に関しても約1mmほど高くなっています。これにより、落下したとしてもディスプレイ部分が傷付く事を防げます。ただ、あまりにもデコボコすぎるアスファルトの上に落としてしまった場合などは傷が付いてしまうこともあるかもしれませんが…。

ライノシールド

             

RHINOSHIELD(ライノシールド)はスマートフォンケース以外にも、液晶フィルムなど様々なスマートフォンアクセサリーが発売されています。上の写真のように、ボタンを付け替えて色を変更することが可能になっています。

また、販売されている液晶フィルムは、素材がポリマーフィルムで出来ているのにも関わらず金槌で叩いても割れないという耐衝撃性能を持っています。

素材がガラで出来ていない為、3D耐衝撃画面保護フィルムは厚さ0.42mmとなっています。勿論、SolidSuitとの併用は可能です。

RhinoShieldにはたくさんのメリットがありますが、デメリットがあるのも事実です…

●装着後はスマホが一回り大きくなり、片手での操作がしにくくなります
●独自の素材による抜群のフィット感は着脱時にめちゃくちゃ苦戦を強いられます

デメリットが一時的な物で、使用していけば慣れるのでそこまでデメリットに感じない人もいるかも?

脱着に関しては、RHINOSHIELD(ライノシールド)が動画で説明をしてくれているのでそれを元に実施する事をオススメします。が、いずれにせよめっっっっちゃくちゃ力が入ります。

SolidSuitレビューまとめ

Rhino Shield《Solid Suit》
総合評価
( 5 )
メリット
  • 耐衝撃性能に優れている
  • オリジナルケースを作成できる
  • iPhoneを落としても傷つけない
デメリット
  • 装着・脱着が大変
  • iPhoneが1回りほど大きくなる

iPhoneのケースにオススメである《Rhino Shield(ライノシールド)》を実際に使用しての感想は『スマートフォンケースの耐衝撃性能はめちゃくちゃ大事』という事です。iFaceやLEPLUSなど様々なiPhoneケースが販売されていますが、ハニカム構造をケースの内側全面に施しているケースは今まで見たことがありませんでした。

記事内にもある通り、RhinoShield(ライノシールド)は自社製品の強度に関するテスト動画をYouTubeにアップしています。落下実験や金槌で叩くなど、どれも耐衝撃性能の高さを表す物となっています。

今回、実際使用してみてSolidSuitの丈夫さがよく分かりました。それによる脱着のしにくさは大きなデメリットとは感じられず、むしろ安心感に繋がりました。

流石に動画みたいに思いっきりぶん投げるなんてのはする勇気が無いね…笑

2020年11月6日〜《iPhone 12 Pro Max》及び《iPhone 12 mini》の予約開始となっています。購入予定の方は是非、RhinoShield(ライノシールド)を使ってみてくださいね!

iPhoneシリーズは勿論、ASUSやXiaomi・OPPOなど様々なメーカーの取扱いがあります。(フィルムのみの取扱い含む)

気になった方はぜひ公式サイトを覗いてみてね!

おまけ

当ブログでは、公式サイトで利用可能なクーポンコード付きのレビューも掲載しています

あわせて読みたい
【クーポンコードあり】ライノシールド公式サイト用|RHINOSHIELD Mod NXをレビュー! この記事では、RHINOSHIELD(ライノシールド)のスマートフォンケース《Mod NX》をレビューしています。 今回のレビューはiPhoneにもAndroidにもオススメの耐衝撃性に特化...

また、Amazonで11月3日にAppleの新製品《MagSafe》の在庫が復活したので、iPhone 12シリーズを購入済み、または予定の方は検討するのも良いかも知れませんね。

これからはMagSafeが主流のアイテムがどんどんと開発されるかも知れませんからね。

              

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

それではまた~。

                

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次