5月14日
●iPad 第9世代/256GB
スペースグレイ・シルバー
Amazonにて在庫あり
気になる方はお早めに

【BlackShark4Pro】日本版が登場!BlackShark4から何が変わった?違いはあるの?

Gaming

Black Sharkの日本法人であるブラックシャーク科技ジャパン株式会社は、eSportsに最適化された5G対応のゲーミングスマートフォン『Black Shark 4 Pro(ブラックシャーク4プロ) 』の日本向けモデルを株式会社ビーラボ正規販売店より順次販売開始する事を発表しました。

という訳で、今回はゲーマー待望のゲーミングスマートフォン『Black Shark 4 Pro』の発売や予約についてまとめていきたいと思います。

▼正規取扱店はこちら▼

なんと!先行予約では特典もありますので、Black Shark 4 Proを検討している方は早期予約が良いのでは無いでしょうか?また、Black Sharkの日本公式Twitterアカウントでは端末やアクセサリーのプレゼントキャンペーンも開催されています。フォロー&引用RTの簡単応募となっています!詳しくは下記のツイートをご覧ください。

今回の新製品販売に先駆けて、2022年3月26日(土)19時からはオンライン製品発表イベント及び視聴者参加型カスタムマッチも同時開催されます。

\購入はこちら/

それでは、本題に参りましょう!今回の内容はオンラインイベントや商品の情報に関する情報をまとめています。

オンラインイベントについて

2022年3月26日㈯19時〜開始。内容は以下の通りとなっています。(内容は予定です。)

  • PUBG NEW STATE OPEN CUP公認試合
  • 新製品紹介
  • 予約特典紹介
  • 視聴者参加型カスタムマッチ

販売予定商品

販売予定商品
Black Shark 4 Pro (12GB+256GB)
販売カラー
Xシャドウブラック
無地コスモスブラック
販売価格
89,980円(税込)
先行予約開始日
2022年3月26日 (土曜日) イベント終了後開始
お届け予定
2022年4月下旬頃
正式販売開始予定
2022年4月末

※製造工場や輸出地の新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、お届け時期や発売開始時期に影響が出る場合があります。

▼無地コスモスブラック

今回もブラックでの登場だね

しかも、2パターンで格好良さが違うのもこれまた良いね!

Black Shark 4 Proについて

Black Shark 4 Proに関するスペックは以下の通りとなっています。

SoCQualcomm® Snapdragon™ 888 SDX65、3.2GHz
Qualcomm®Adreno™660GPU
RAM12GB
ROM256GB
※拡張SDメモリカード機能なし
カラーXシャドウブラック
無地コスモスブラック
サイズ・重量サイズ:横76.3mm × 縦163.8mm × 厚み10.3mm
重量:約220g
ディスプレイディスプレイ:6.67インチ(Samsung E4 AMOLED)・有機ELディスプレイ・中央パンチホール直径:2.76mm
アスペクト比:20:9 
画面解像度:2400×1080、FHD+
最大画面輝度:1300nit
・アイケアモード(ローブルーライト機能)
・SGS認証済(試験・検査・検証)
・MEMC
・画像エンハンスメント
リフレッシュレート144Hz
タッチサンプリングレート720Hz
(※マルチタッチサンプリングレート時:360Hz)
カメラ【背面カメラ】
広角:6400万画素
超広角:800万画素
マクロ:500万画素
【前面カメラ】
2000万画素
スピーカーデュアルステレオスピーカー
ヘッドホンプラグ3.5mmイヤホンプラグ
バッテリー4500mAh(2250mAh × 2※取り外し不可)
6Aケーブル付き
Qualcomm QuickCharge 4.0 +最大120W対応可能
日本モデルはUSB Type-C:120W急速充電器を同梱
物理ボタンマグネット式ポップアップトリガー
冷却システムサンドイッチ液体冷却システム
(VC液体冷却板 + シングル液体冷却パイプ)
各種センサー重力センサー
環境光センサー
近接センサー
ジャイロスコープ
コンパス
側面指紋センサー
ForceTouchセンサー(感圧センサー)
Shark Eye
ネットワーク(対応周波数帯) 2✕CA、3✕CA、4✕CA、5✕CA; EN-DC
WCDMA:Band 1/2/4/5/6/8/9/19 
LTE-FDD:Band1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28
LTE-TDD:Band34/38/39/40/41
5G NR:Bandn1/n3/n8/n28/n41/n77/n78/n79
 
※5G mm-Waveは支持していません。
SIMデュアル Nano SIM カード
※3G回線による同時待ち受けはできません。
※現時点では5G回線をご利用される場合は、シングルSIM(SIMカードを1枚のみ挿入)の場合のみご利用いただけます。
BluetoothBluetooth 5.2対応
aptX・aptX HD・aptX Adaptive・LDACオーディオ転送をサポート
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac/ax
Wi-Fi周波数帯 2.4G/5GHz
2 *2 mimo、MUMIMOをサポート
Wi-Fi6、WiFiディスプレイ、WiFiダイレクト、Wi-Fiホット
スポット、2 * 2 mimo、MUMIMOをサポートしています。
GPSGPS/AGPS/GLONASS/BEIDOU /Galileo /QZSS
その他防塵・防水レベル:IPX2
DisplayPort Alt Mode対応
スクリーンプロジェクションインターフェース:
DP1.2データ送信:USB 3.1
同梱物Black Shark 4 Pro
高速充電電源アダプター(120W)
USBType-Cデータケーブル
SIM TrayEjector
保護ケース
スクリーンプロテクター
クイックスタート
ガイドACアダプタ
USB Type-Cケーブル
ロゴステッカー 
※保護フィルムは最初から本体に貼り付けてあります。

スペックを見てみた感想としては、今回のモデルもゲーミングスマートフォンとしてのみ使用するという方や日常使いもしながらメインスマホとして利用していくという方にも不便なく使えそうだなという印象があります。

\Black Shark 4のレビューはこちら/

Black Shark 4 Proの主要スペック紹介

今回登場する『Black Shark 4 Pro』の主要スペックに関しては、上記画像にある13の項目となっています。

主要スペック
  • Qualcomm®Snapdragon™888搭載
  • LPDDR 5(ROM)&UFS 3.1(RAM)
  • サンドイッチ液体冷却システム
  • 最大120Wの急速充電
  • 5G&Wi-Fi 6対応
  • 6.67インチAMOLEDディスプレイ
  • 144Hzリフレッシュレート
  • 720Hzタッチサンプリングレート
  • 感圧タッチ機能《Magic Press》
  • デュアル対称ステレオスピーカー
  • スマートアシスタント《SharkChan》
  • Shark Space 4.0
  • マグネット式ポップアップトリガー

それじゃあ、主要スペックに関して1つずつ見ていこう!

主要スペック以外に関してはGlimpseでぜひともチェックしてみてね〜

Qualcomm®Snapdragon™888搭載

『Black Shark 4 Pro』には、Qualcomm®Snapdragon™888が搭載されています。フラッグシッププロセッサは、8コアアーキテクチャを備えた高度な5nmプロセス技術を採用しています。


BlackShark3と比較すると、CPUパフォーマンスで最大25%・GPUグラフィックスレンダリングは最大30%UP・第6世代AIエンジン計算能力が最大70%UPします。

また、少ない消費電力で非常に高速な処理能力を発揮します。

前モデルのBlack Shark 4はSnapdragon™870が搭載されていたね

LPDDR 5(ROM)&UFS 3.1(RAM)

Black Shark 4 Proは、LPDDR5(ROM) とUFS 3.1(RAM)を搭載しています。これにより、高速なデータ転送処理を行うことができます。ゲームのインストールやロード・シーンの切り替えなど、ストレスなくスムーズな動作を実現しています。
6400Mbpsの帯域幅では、メモリ速度が16%向上しアプリの読み込み速度が20%向上します。

サンドイッチ液体冷却システム

特許取得済みの溶接技術を使用して設計された2つの液体冷却ユニットは、内部コンポーネントを挟む革命的な「サンドイッチ」構造を有しています。前モデルの構造を更にアップグレードし、全体の放熱力が30%増加しています。

最大120Wの急速充電

『Black Shark 4 Pro』は超大容量4500mAhのダブルセルバッテリーにeSportsテクノロジーを搭載した大容量バッテリーで、1日中ゲームやエンターテイメントを楽しむことが出来ます。充電は急速充電120Wまでの充電機能を備えており、100%までの充電時間は僅か15分です。

なんと!

120Wの充電器が同梱されるとな?!

急速充電を味わえるのはめちゃくちゃ気になるよね

5G&Wi-Fi 6対応

5G デュアルモードのSA /NSAおよびWiFi6Eは、自宅でも外出先でも利用可能な最速のデータ通信を提供します。「X」アンテナ設計とインテリジェントネットワークスイッチングにより、常に可能な限り最速の通信速度を得ることができます。

6.67インチAMOLEDディスプレイ

Black Shark 4 Proは、Samsung最新世代のE4 AMOLED(有機EL)ディスプレイを採用しており、人間の目でも知覚できないレベルの正確な色を表現することができます。また、前モデルのE3に比べ消費電力が15%削減された省電力ディスプレイです。
True Hardware DC調光により、低輝度での画面のチラつきによる目への負担を軽減し長時間の利用でも快適に過ごすことができます。更に、 ブルーライトをカットしたローブルーライト機能はテュフラインランドによる認証を取得しています。

144Hzリフレッシュレート

Black Shark 4 Proのリフレッシュレートは144Hzを誇ります。リフレッシュレート144HzのゲームにMEMCテクノロジーを適応することで、よりスムーズに動画やゲームを表現できます。 ゲーム以外の画面表示も120Hz、90Hz、60Hzの3つから選ぶことが可能です。

720Hzタッチサンプリングレート

最大720Hzのタッチサンプリングレート(複数指でのマルチタッチは360Hz)により、Black Sharkは業界で最も短いタッチ遅延時間8.3msという驚異的な数値を実現。よりスムーズで応答性の高いゲーム体験をすることが可能です。

今回もディスプレイ性能が充実しているね!

みんなが好きなゲームを高リフレッシュレート遊べると嬉しいよねぇ〜

感圧タッチ機能《Magic Press》

Black Shark 4 Proは「MagicPress」と呼ばれる感圧タッチ機能(3Dタッチ)がある感圧ディスプレイを搭載しています。物理的なポップアップトリガーと同じように、お好きなボタンにマッピングし、強く押した時にマッピングしたボタンの機能が作動。例えばジャンプしながら撃つ、移動しながら撃つなどが容易に実現します。また、最大7レベルの幅広いプレス感度をサポートしているため、あらゆるゲームシナリオを正確に制御できます。 そして今回は、ミスタッチ防止も改善され、最高の感圧体験を実現。この感圧ディスプレイにより、最も競争の激しいゲームでも正確な動きで対応できます。

デュアル対称ステレオスピーカー

Black Shark 4 Proは最高の音質を提供するハイパワーアンプと特大のサウンドキャビティを備えたデュアル対称リニアステレオスピーカーを備えています。DTSおよびCirrusLogic Technologyとのパートナーシップにより25の音階すべてがきれいに聴こえるBlackShark社専用の調音で、きれいな音質を実現しました。(ハイレゾ音質対応)

オーディオおよびDTSUltraX認定のDXOMARKスマートフォンチャートで1位を獲得しています。(2022年3月17日時点)

Black Shark 4・Black Shark 3の2台をレビューしてきたけれど、スピーカー面も更に進化したようで…

どれくらい進化したのか気になる…!

スマートアシスタント《SharkChan》

Shark Chanは、あなたと対話できる視覚化されたスマートアシスタントです。 設定で目覚まし時計、壁紙、充電中に現れ、壁紙にいるShark Chanをタッチすると反応してくれます。さまざまな感情を持っているので、怒らせないように気をつけてください。

技術は日々進化するねぇ…

シャークちゃんと楽しいゲーミングライフを過ごしてみてね

Shark Space 4.0

Shark Space 4.0を使用すると、ユーザーは、ゲーム中への没入感を損なうことなく、ネットワークステータス、パフォーマンス、サイレント機能、マスタータッチ設定、およびその他の機能をすばやく調整できます。 ユーザーは、ゲームスタジオでダイブモードを選択し、ゲームへの外部干渉を排除することもできます。更に60秒まで遡って録画が可能なシャークタイム機能やマジックプレス、マクロ設定、モーションセンシング設定、様々なゲーム構成設定が可能です。

マグネット式ポップアップトリガー

革新的なマグネットリフトテクノロジーにより超応答性のトリガーボタンは、競争の激しいゲームで正確且つカスタマイズ可能。しかも軽いタッチで素早く反応できる操作感度抜群なトリガーです。使用していない時は、本体サイドに収納できるので、決して邪魔になりません

コレはねぇ…

ずーーーーっとカチカチしてたくなるんだよね(笑)

Black Shark 4とBlack Shark 4 Pro何が違うのか?

おおよそ1年前に登場した『Black Shark 4』と簡単に比較してみたよ

Black Shark 4Black Shark 4 Pro
CPUQualcomm Snapdragon 870 3.2GHz + SDX55
Qualcomm Adreno 650 GPU
Qualcomm® Snapdragon™ 888 SDX65、3.2GHz
Qualcomm®Adreno™660GPU
サイズ横76.3mm × 縦163.8mm × 厚み10.3mm横76.3mm × 縦163.8mm × 厚み10.3mm
重量約210g約220g
ディスプレイサイズ:6.67インチ(AMOLED)
有機ELディスプレイ
最大画面輝度1300nit
画面解像度:2400×1080
サイズ:6.67インチ( AMOLED)
有機ELディスプレイ
最大画面輝度:1300nit
画面解像度:2400×1080
リフレッシュレート144Hz144Hz
タッチサンプリングレート720Hz
(マルチタッチサンプリングレート:360Hz)
720Hz
(マルチタッチサンプリングレート:360Hz)
RAM8GB12GB
ROM128GB256GB
カラーBlackXシャドウブラック
無地コスモスブラック
バッテリー容量4500mAh
(2250×2※取り外し不可)
Qualcomm QuickCharge 4.0 +最大120W対応可能
USB Type-C:67W急速充電器を同梱
4500mAh
(2250×2※取り外し不可)
Qualcomm QuickCharge 4.0 +最大120W対応可能
USB Type-C:120W急速充電器を同梱
カメラアウト
広角:4800万画素
超広角:800万画素
マクロ:500万画素
イン:2000万画素
アウト
広角:6400万画素
超広角:800万画素
マクロ:500万画素
インカメラ:2000万画素
値段59,800円
(8GB/128GB)
89,980円
(12GB/256GB)

大まかな比較ではあるけれど『Black Shark 4 Pro』は、前モデルからサイズ感が変わらず中身が色んな面でグレードアップしているね

細かな数値に関しては記載していませんが、外見だけでなくそれぞれのスペックが向上しています。『Black Shark 4 Pro』と『Black Shark 4』の全スペックを知りたい方は、正規代理販売店【Glimpse】内の製品詳細ページで確認して下さい。

【注意】購入する方に向けて

今回紹介したゲーミングスマートフォン『Black Shark 4 Pro』日本国内販売に関しては、正規販売店である『Glimpse』のみが取り扱っています。

注意
  • Black Shark 4 Proを取り扱う【正規代理店】は『Glimpse』です

Amazonなどでも見受けられますが、正規代理店を謳う店舗にお気をつけください。

  • 正規代理店以外での購入は保証外です

初期不良を含め、様々な不良に関しての保証を受けられなくなります。

  • 購入は正規代理店『Glimpse』または新しく取り扱いが開始される店舗にて!

保証を受けられなくても構わないという方は居ないと思いますので、正規代理店『Glimpse』での購入を推奨します。また、Black Shark 4 Proの本体価格は89,980円(税込)です。

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。登場までもう間もなくとなりました。当日のオンラインイベントが楽しみですね!

それではまた~

参考
  • Black Shark公式Twitterアカウント(@BlackSharkJapan)
  • Glimpse
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました