楽天モバイルのiPhoneが超お得?!

【iPad第9世代をレビュー】Wi-Fiモデルを買った話。仕事にも遊びにももってこいの人気タブレット

iPad第9世代が発売されてからおよそ10ヶ月が経ち、購入してから半年ほど経過したのでレビューをしていこうかなと思います。

新型のiPadは、発売されると品切れや転売などが相次いでしまうほどの人気を集めています。iPadシリーズの中でもエントリーモデル、いわば下位モデルにあたる『iPad 第9世代』(通称:無印)はぶっちゃけ買いなのか?使い勝手はどうなのか?と気になっている方もいるのでは無いでしょうか?

そんな疑問の答えになる様なレビューを、本音と実際の使い方を紹介しながらまとめていきたいと思います。

 

Apple(アップル)
¥49,800 (2022/07/11 15:02時点 | Amazon調べ)

《7/1〜》Apple製品が一斉値上がりとなり、iPad 第9世代は39,800円▶︎49,800円に価格変更されています。

 

今回は以下の内容でiPad第9世代を紹介していくよ
目次からも見たい箇所に飛べます

 

紹介する内容
  • iPad第9世代のスペック
  • iPad第9世代の同梱物
  • iPad第9世代の外観
  • iPad第9世代の性能
  • iPad第9世代を実際に使ってみて
  • iPad第9世代の良いところ・悪いところ
  • iPad第9世代に関するおすすめの記事
  •  

    目次

    iPad第9世代のスペック

    iPad第9世代のスペックをまずは紹介
    知っている人は飛ばしても大丈夫!

     

    カラーシルバー
    スペースグレイ
    ストレージ64GB
    256GB
    本体高さ
    250.6 mm

    174.1 mm
    厚さ
    7.5 mm
    重量
    Wi-Fiモデル 487 g
    同梱物iPad
    Lightning – USB-Cケーブル
    20W USB-C電源アダプタ
    ディスプレイ10.2インチRetinaディスプレイ
    解像度:2,160 x 1,620
    True Toneディスプレイ
    500ニトの輝度
    耐指紋性撥油コーティング
    Apple Pencil(第1世代)に対応
    チップA13 Bionic
    カメラ8MP広角カメラ
    ƒ/2.4絞り値
    最大5倍のデジタルズーム
    5枚構成のレンズ
    パノラマ(最大43MP)
    写真のHDR
    写真へのジオタグ添付
    自動手ぶれ補正
    バーストモード
    【ビデオ】
    1080p HDビデオ撮影(25fpsまたは30fps)
    720p HDビデオ撮影(30fps)
    3倍ビデオズーム
    【FaceIDカメラ】
    12MP超広角カメラ、122°視野角
    ƒ/2.4絞り値
    スピーカーステレオスピーカー
    マイク通話
    ビデオ撮影
    オーディオ録音のためのデュアルマイク
    通信Wi-Fi(802.11a/b/​g/n/ac)
    デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)
    MIMO対応HT80
    Bluetooth 4.2テクノロジー
    ※Wi-Fi・Wi-Fi+Cellularモデル共通
    センサーTouch ID
    3軸ジャイロ
    加速度センサー
    気圧計
    環境光センサー
    Touch IDiPadのロック解除
    アプリ内での個人データ保護
    iTunes Store・App Store・Apple Booksでの購入
    バッテリー32.4Whリチャージャブルリチウムポリマーバッテリー内蔵
    Wi-Fiでのインターネット利用・ビデオ再生・オーディオ再生:最大10時間
    電源アダプタ、またはUSB-C経由でコンピュータを使って充電
    ※Wi-Fi・Wi-Fi+Cellularモデル共通
    ディスプレイサポートデジタルビデオ出力
    ビデオミラーリング
    OSiPadOS

     

    2022年7月時点の現行モデルの中では、エントリーモデルに位置付けられるスペックのiPad第9世代。iPad初心者の方や、できるモンの様に負荷が大きくない作業をしようと考えている人におすすめのモデルとなっています。

     

    \iPadの選び方の参考にぜひ/

    あわせて読みたい
    【2022年最新モデル】iPadのおすすめな選び方を紹介!〜初心者に読んで欲しい〜 2021年〜2022年春にかけて、iPad Pro・iPad(無印)/iPad mini・iPad Airと新モデルが登場したiPadシリーズ。仕事に勉強、イラストレーションなどの趣味や動画視聴とい...

     

    iPad第9世代は第8世代から何が変わった?

    簡単にではあるけれど、前のモデル第8世代との比較を見ていこう!

     

    iPad第8世代/64GB[Wi-Fiモデル]は、2020年9月に34,800円(税別)で登場し第9世代同様に品薄や売り切れが相次ぐ人気を集めていました。

    そんな第8世代と第9世代の違いに関しては、以下の通りとなっています。

     

    iPad第8世代から変わった所
  • ストレージ容量増えた(32GB▶︎64GBから64GB▶︎128GBに増量)
  • カラーバリエーション減った(第9世代はゴールド無し)
  • A13 Bionic搭載でサクサク快適(iPhone11と同様のチップ)
  • インカメラ性能向上
  • True Toneとセンターフレームをエントリーモデル初搭載
  • お値段ちょっぴり上がった(税込での価格差1,520円)
  •  

    税込価格約1,500円の差で、チップ性能など諸々が良くなったイメージ
    買えるのを待って良かった!

     

    \違いに関してはこちら/

    あわせて読みたい
    【どっちにする?】iPad 第8世代と第9世代の違いって何?スペックを比較してみた 9月15日に発売が発表されたAppleの大人気タブレット『iPad(無印)』は、前モデルの第8世代と現行モデルの第9世代で何が変わったのか?買うべきなのか否かを見ていきます...

     

    iPad第9世代の同梱物

    iPad第9世代の同梱物をみていこう

     

     

    スペックで紹介した通り、充電器やケーブルが入っておりエコに配慮していることもあってか無駄の無いパッケージ感がいいですね。

     

     

    同梱されている電源アダプタ(20W)とUSB Type−C to Lightningに関しては、購入してからずっと使用していません。

     

     

    日頃使用している『Anker Nano Ⅱ 45W』との大きさを比較すると、上記の画像の様にiPadに同梱されている電源アダプタの方が大きいです。

    あまり出先での作業などはしませんが、持ち運びのことを考えるとAnkerの充電器で良いかなと思っています。ちなみに、ケーブルはUGREENを使用しています。

     

     

    Appleのりんごマークのシールなどもちゃんと入っていました。このシールの使い道がいまだに無いし、わかってもいないAppleユーザーです笑

     

    iPad第9世代の外観

    同梱物の次は外観を紹介していくよ

     

    背面

     

    表面(輝度0)

     

    輝度最大

    輝度中間

     

    ディスプレイには、『NIMASO』のブルーライトカットフィルムを貼り付けているので本来のディスプレイの発色はもっと豊かです。Maxの明るさでiPadを見るのは、かなり目に辛いのであまりお勧めしません。

    iPad第9世代のディスプレイは、発色が良く明るさも十分で見やすくなっています。

     

    本体上部

    本体底部

     

    本体上部には、3.5mmヘッドジャック・マイク・電源ボタンが配置されています。本体底部には、ステレオスピーカーとLightningコネクタ。ディスプレイ側にはホームボタンが配置されています。

     

    本体左側面

    本体右側面

     

    本体左側面には、アクセサリを接続するためのSmart Connectorが配置。反対側の右側面には、音量(アップ/ダウン)ボタンが配置されています。

    Wi-Fi+Cellularモデルであれば、右側面にSIMトレイも配置されています。

     

    Apple(アップル)
    ¥71,800 (2022/07/26 23:16時点 | Amazon調べ)

     

    iPad第9世代の性能

    外観の次は内面的な要素である処理能力などの性能を紹介していきたいと思います。今回使用したのは《Antutu Benchmark(v9.1.0)》と《Geekbench 5》です。

    アプリをインストールして計測するわけですが、それぞれのアプリが計測している内容は以下の通りとなっています。

     

    Antutu Benchmark(v9.1.0)
  • CPU(Central Processung Unit:演算処理装置)
  • GPU(Graphics Processing Unit:グラフィックスの処理)
  • UX(User Experience:ユーザーが得られる体験)
  • MEM(Memory:RAMなどの記憶装置の速度)
  • Geekbench 5
    • CPUの処理速度(シングルコア・マルチコア)

     

    Antutu Benchmark(v 9.1.0)

    《Antutu Benchmark(v9.1.0)》を使用したiPad 第9世代の測定結果は以下の通りとなっています。

     

     

    項目数値
    Total640,240
    CPU162,685
    GPU268,751
    MEM86,771
    UX122,033

     

    目安ではありますが《Antutu Benchmark(v9.1.0)》の場合、計測結果がTotal:600,000以上かつGPU:180,000以上は動作に不満がないとされています。

    そのため、iPad 第9世代の計測結果は動作に不満のない部類であるという結果になりました。

    Geekbench 5

    続いては、《Geekbench 5》を使用したiPad 第9世代の測定結果を見ていきましょう。先述している通り、《Geekbench 5》はCPUの処理能力を測定するアプリとなっています。

     

     

    項目数値
    Single-Core Score1,332
    Multi-Core Score3,426

     

    iPhone 11と同じチップを利用しているだけあってか、スコアは悪くないかと思います。その他の機種のスコアが知りたい方はGoogle先生に聞いて見るのが◎。

     

    Apple(アップル)
    ¥71,800 (2022/07/26 23:16時点 | Amazon調べ)

     

    iPad第9世代を実際に使ってみて

    iPad第9世代の使用用途
  • Dekirumon Blogの記事作成や編集
  • ネットサーフィン
  • 動画鑑賞
  • バトルロワイヤル系のアプリゲーム
  • メモやノート代わり(時々)
  • マップでルート検索(屋内)
  •  

    動画編集やイラストレーションなどの負荷の大きい作業は無し
    全体的に負荷の大きくない作業を行っています

     

    iPhone 12で出来ることをメインにiPad 第9世代を利用している現状ですが、画面が大きい分見やすくなって良いですね!特にブログに利用している時は、Chromebookと違って起動が速くメイン端末のiPhone 12と連携できるのも良いところ!

    実際に使っている状況をいくつか紹介していきながら、iPad 第9世代の利便性に関してもお話ししていきたいと思います。

    iPad第9世代で仕事をすると…

     

    iPad第9世代に手帳型のケースを付けてスタンド機能を利用しながら、ワイヤレスキーボードを接続して文字入力が出来る様にしています。

    iPadで文章作成などをする時は、直接入力するよりもワイヤレスキーボードを利用するのがお勧めですよ。ケースを選ぶ際には、JIS配列とUS配列があるのでご自身の普段使っている配列を確認してから購入をして下さいね〜。

     

    ちなみに、できるモン自身が使用している(上記画像に写っている)キーボードはAnker製の物です。使い慣れるまではUS配列は大変だなと感じたChromebookユーザーでした。

     

     

    iPad第9世代でゲームすると…

     

    できるモンのよくやっているゲームが【荒野行動】なので荒野行動をしてみての感想になりますが、ログイン画面ですらこれだけの画面サイズの差があります。

    普段iPhone 12で2本指でプレイをしてますが、iPad 第9世代でプレイする際には4本指でのプレイになります。また、索敵も画面が大きく見やすくなるのでiPhoneよりも断然しやすくなります。

     

    Apple(アップル)
    ¥49,800 (2022/07/18 21:42時点 | Amazon調べ)

     

    iPad 第9世代で動画鑑賞すると…

     

    iPad 第9世代で実際にYouTubeを鑑賞すると、上記のようにチャット(コメント)欄を見ながら試聴することが出来ます。画面の全面表示ももちろんOK。

    iPhoneで見るよりも観やすいので、テレビを付けずにiPadで動画を見ることが増えました。

     

    正直、オシャレな設定もショートカットの利用もしている訳ではありません
    普段使いでも満足出来るっていうのがiPad第9世代の魅力です!

     

    iPad第9世代の良いところ・悪いところ

    iPad第9世代の良いところ・悪いところは実際に使ってみて感じた所を紹介していくよ〜

     

    良いところ
  • 39,800円(購入当時)で仕事にも遊び(アプリゲーム)にも使える
  • さっと出して、すぐに起動できる仕事の最高の相棒
  • iPadの機能が便利で面白い
  • iPhoneとの連携で使いやすさUP
  • エントリーモデルでも快適に操作出来る
  • 悪いところ
    • スピーカーが片側にしかない

     

    『買ってよかった』と思っているので、悪いところがあまり出て来ませんでした。加えて、使い方や使用用途も幅広いわけではないので『ここがちょっと…』とか『これが嫌!』っていうのが無かったのかな?と思ってます。

    良いところ5つの内3つは先に紹介しているので、《iPadの機能が便利で面白い》と《iPhoneとの連携で使いやすさUP》についてを紹介していきます。また、悪いところについてもちょちょっと書いておこうと思います。

     

    《GOOD》iPadの機能が便利で面白い

     

    面白いと感じたiPadの機能は『Split View』という機能です。上記画像の画面上部に黄色のマーカーで線を引いている[・・・]をタップすることで、使用できる機能です。

     

     

    タップすると3種類の小窓が出てきます。左から[フルスクリーン・2つのAppを表示・Slide Overウィンドウ(1つ目のウィンドウの前にスライドで表示される小さなウィンドウ)]

     

    ▲TwitterとYouTubeの2つのAppを開いている状態。

     

    ▲YouTubeの上に小さなウィンドウでTwitterを開いている状態

     

    YouTubeを見ながら文字入力をしたり、スプレッドシート開いた状態でタスクを確認したりで使っています。

    一回一回アプリを閉じて開いてを繰り返す煩わしさが無くなるので、『マジで便利やな〜』って思いながら利用している機能です。

     

    《GOOD》iPhoneとの連携で使いやすさUP

    iPadとiPhoneを連携することで、アプリのデータが同期出来たりファイルが同期出来たりするわけですが…。

    それよりもおすすめしたいのが、Handoffという機能です。

     

     

    Safariのアプリの右上にスマホのマークが付いています。iPhoneで見ているWebページをiPadから開く事ができ、使うデバイスを変更したい時に便利な機能となっています。

     

    《BAD》スピーカーが片側にしかない

    iPad 第9世代はホームボタン側にしか無く、片方からしか音が聞こえない状態になるのでiPhoneで動画を見ている状態に慣れているとなんとなく違和感というか『なんか音遠いな』ってなります。

    改善する方法としては、『イヤホン(有線・無線問わず)を使う』or『ワイヤレススピーカーを使う』のが良いかなと思います。

     

    片方からしか音が聞こえないのって割と気持ちがいいものでは無いなと感じました
    特にiPhoneで普段両側から聞こえている事もあるからね

     

     

    お金に余裕があればスピーカーよりも骨伝導が良いかなと思います
    耳の穴が塞がれていないから周りの音も聞こえるしね

     

    というわけで、iPad 第9世代に関するスペックから良いところ・悪いところまでを紹介してみました。レビューに関しては、これからもiPadを使用し続けながら記事に追記していく予定です。

     

    iPad 第9世代に関するおすすめの記事

    最後に、『Dekirumon Blog』で掲載しているiPad 第9世代に関する記事も紹介していきたいと思います。

     

    あわせて読みたい
    iPad第9世代のおすすめケースはどれ?〜選び方や人気のケース5選を紹介〜 半導体の不足による影響や、需要が爆上がりで中々手に入らない人気のタブレット『iPad 第9世代』を購入したは良いものの…。 どのケースを購入すればいいんだろう? どう...

     

    iPad 第9世代のケースについて紹介している記事で、ケースの種類や選び方・人気の製品も紹介しています。たくさんの中から選ぶのは大変だなという方のお役に立つことが出来れば嬉しい限りです。

     

    あわせて読みたい
    新型iPad(無印第9世代/mini 第6世代)オススメの周辺機器&アクセサリーを紹介 前回はiPhone 13シリーズのオススメケースに関する情報をまとめたので、今回は同日(2021年9月24日)発売予定の新型iPad(無印第9世代/mini第6世代)のアクセサリーについて...

     

    iPad 第9世代とiPad mini 第6世代におすすめの周辺機器や、アクセサリー類を紹介しています。iPad単体でも使えないことはありませんが、アクセサリー類がある事で利便性が上がるのでまとめてみました。

    アクセサリー類の中で、一番皆さんにおすすめしたいのが『NIMASO』の保護フィルムです。ガイド枠付きなので貼りやすくておすすめです。(※フィルムの材質によってはガイド枠無しの場合があります。)

    ▶︎『NIMASO』の保護フィルムレビューはこちらです。

     

    あわせて読みたい
    【iPad在庫情報まとめ】iPhoneのために減産⁈〜どの店舗なら買えるの?入荷はいつ?〜 iPad在庫情報(7月10日時点) \Amazon在庫あり/ ご存じの方も多いかと思いますが、現在世界的な半導体の不足によりApple製品の在庫は中々潤い難い状況にあります。昨年...

     

    『そもそも在庫なくね?』という方や、在庫を探しているという方に向けて在庫情報も更新しています。(※更新日時に関しては不定期です。)

     

    今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。今更ながらではありますが、『iPad 第9世代』に関するレビューを書いてみました。めちゃくちゃ凝った使い方や、上級者の人達がする様な使い方をしているわけではありません。

    今後もiPad 第9世代をしっかりと使い込んでいきながら情報を更新していきたいなと思います。

     

    それではまた〜

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    社会に出て会社に勤める事に疲れた万年出不精ブロガーです。

    iPadの在庫情報の記事を書いたり、レビュー記事を書いたりしている雑記ブログ兼気ままな日常を発信している趣味ブログ
    レビュー依頼受付中

    since 2020

    目次