5月14日
●iPad 第9世代/256GB
スペースグレイ・シルバー
Amazonにて在庫あり
気になる方はお早めに

iPad第10世代は待つべきか?買うべきか?第9世代の在庫状況を鑑みる

Apple

▼iPad(第10世代)のリーク情報▼

iPad(第9世代)が登場しておよそ8ヶ月が経とうとしていますが、前モデルのiPad(第8世代)同様に品薄の状態が続いています。

そんな中で、今回は『iPad(第10世代)を待つべきか?iPad(第9世代)を買うべきか?』という内容をまとめていきたいと思います。

当ブログをご覧頂いている方は、iPad(第9世代)を探している方が多いという印象があります。在庫を探している方の中には、在庫情報を発信する用のTwitterアカウントをフォローしてくれている方も居るのではないでしょうか?在庫の復活は、予測ができず不定期での発信となっているのが現状となっています。

朗報と言える内容ではありませんが、iPad(第9世代)の次のモデルである『iPad(第10世代)(仮称)』に関する噂・リーク情報は既に出てきています。新モデルの登場は2022年9月では無いか?という情報が多くなっています。2021年9月に登場して約1年での登場となれば、2022年5月時点では、第9世代を購入すべきか待つべきかを悩むのではないでしょうか?

iPad(第10世代)は例年通り9月に登場か?!

※あくまで噂であるという事を予めご了承下さい。

上記にも掲載している通り、iPad(第10世代)のリーク情報は既に出回っています。iPad(第9世代)のときもそうでしたが、Appleの公式から正確な情報のアナウンスがあるわけではありません。

2022年5月時点で取り扱いのあるモデルは以下の通りです。

それぞれのiPadの違いやオススメユーザーに関してまとめている記事が有るので、宜しければ併せてご覧頂ければと思います。

iPad(第10世代)の発売日に関しては、例年通り9月になるとされています。これまでのiPadの発売日に関しては、リーク情報のまとめ記事に掲載しているものと同じです。

iPad(世代)発表日発売日
iPad 第1世代2010年1月27日2010年5月28日
iPad 第2世代2011年3月2日(米国時間)2011年3月11日(米国)
2011年4月28日
(※当初の予定は3月25日。東北地震により延期)
iPad 第3世代2012年3月7日(米国時間)2012年3月16日
iPad 第4世代2012年10月23日(米国時間)2012年11月2日
(※iPad miniと同時期に発売開始)
iPad 第5世代2017年3月21日(米国時間)2017年3月25日
(※Touch IDに対応)
iPad 第6世代2018年3月28日(日本時間)2018年3月28日
(※Apple Pencilに対応)
iPad 第7世代2019年9月11日(日本時間)2019年9月30日
(※Smart Connector搭載)
iPad 第8世代2020年9月16日(日本時間)2020年9月18日
iPad 第9世代2021年9月15日(日本時間)2021年9月24日
iPad 第10世代2022年9月(?)2022年9月(?)

これまでのiPadは、発表された日から9日後に発売されている製品がほとんどです。中には、数ヶ月後や発売延期になった製品もあります。また、iPad(第7世代)からiPad(第9世代)に関しては9月の第2水曜日に発表されています。

上記2点(発表から発売日までは9日・9月第2水曜日に発表)から発売スケジュールを考えるとすればiPad(第10世代)は以下の日程で発表・発売となるでしょう。

  • 発表日:2022年9月14日
  • 発売日:2022年9月23日

iPad(第10世代)のスペックは?

iPad 第9世代iPad 第10世代
Twitter(@theapplehub)
iPad 第10世代
iDROPNEWS
ホームボタン有り有り無し
Touch IDホームボタンホームボタントップボタン
ディスプレイサイズ10.2インチ10.2インチ10.5インチ
(ラミネートディスプレイ)
ベゼル有り有り無し
本体カラーシルバー
スペースグレイ
iPad 第9世代と同様iPad mini・iPad Air・iMacなどと同様
(複数のカラーバリエーションか?)
コネクタLightningLightningUSB Type-C
Apple Pencil第1世代第1世代第2世代
チップA13 BionicA14 BionicA14 Bionic
又は
A15 Bionic
価格39,800円〜値下げ又は値上げ
(iPad miniよりは安価)
5G通信対応

※上記の表に関してもリーク情報に掲載している内容と同じです。

上記画像のようにホームボタンが撤廃され、iPad mini・iPad Air・iPad Proの様にLightningからUSB Type-C接続になるとされています。Lightning接続からType-C接続になることで、Apple Pencil(第2世代)に対応するとされるスペックが予想されています。

その一方で、ホームボタンもApple Pencil(第1世代)対応もLightning接続も継統されるするリーク情報もあります。

値段に関しては、第9世代から大きく進化した場合や円安の経済状況が続く場合には現在の30,000円台という価格は望めないでしょう…。

iPad(第10世代)を待つべきか?iPad(第9世代)を買うべきか?

上記で紹介した

  • iPad(第9世代)とは違う新たなスペックで登場
  • iPad(第9世代)を系統して登場

という内容でiPad(第10世代)で登場した場合に気になるのは、『iPad(第10世代)を待つべきか?iPad(第9世代)を買うべきか?』といったiPadを購入するタイミングかなと思います。

購入するタイミングを悩んでいる方は、2022年5月時点で【iPad(第9世代)を所有していなくて無印のiPadが欲しい人である】という風に固定して結論を書いていきたいと思います。

もし、上記に当てはまらない場合は『こんな考えもあるんだ〜』と流してもらえたら…と思います。

必ずしも買えるとは限らない現状

『第10世代を待つべきか?第9世代を買うべきか?』という疑問の前に、知っておいて欲しいことがあります。それは、必ずしも買えるとは限らない現状にあるということです。

iPad(第8世代)の頃から在庫情報を発信していますが、当時から人気も相まって需要と供給が間に合っていない状況が続いています。iPad(第9世代)の在庫は新型コロナウィルスの影響で、2022年5月時点でも在庫切れや品薄の状態が続いています。

iPadが品薄の理由

新型コロナウィルスの感染拡大が主な原因とされています。

  • 感染拡大による生産工場の営業停止
  • 世界的な半導体の不足
  • 上記二点によりiPad自体の生産に制約がかかってしまう
  • 新型コロナウィルス感染症の流行拡大が長期化し、需要と供給が解消されない状態までも長期化

2022年中には、半導体の不足が解消されるというニュースもありますが真偽は定かでは無いので鵜呑みにしないほうが良いでしょう。

iPad 第9世代を予約開始日に予約したけれども、発売日当日に発送されなかった…。

っていうユーザーもいたんだよ

そういった点を考慮すると、iPad(第10世代)も需要と供給が見合わない可能性があります。加えて、発売当初から品切れ・品薄の状態が長期化するとも考えられます。

第10世代を待つべきユーザーor第9世代買うべきユーザーあなたはどっち?

必ずしも買える訳では無いという状況ではありますが、各項目ごとに『iPad(第10世代)を待つべきユーザー又はiPad(第9世代)を買うべきユーザー』で分けていきたいと思います。

iPad(第10世代)を待つべきiPad(第9世代)を買うべき
必要時期今すぐに必要という訳ではない今すぐに必要
価格気にしない
予算上限は特に無い
なるべく安く買いたい
ホームボタン有っても無くても構わない
(発表まで様子見)
有って欲しい
or
どちらかといえば有れば嬉しい
ディスプレイサイズ大きければ大きい方が良い
ラミネートディスプレイを使ってみたい
特にこだわりが無い
本体カラーminiやAirの様なカラーバリエーションに期待している気にしない
(カバーを付けるなど)
コネクタUSB Type-C接続での登場が楽しみiPhoneと同じ充電器・充電ケーブルを使いたい
Apple Pencil第2世代を本体にくっつけれるならくっつけたい第1世代のままで良い
5G通信使えるなら使いたい特に気にしない

iPad(第10世代)を待つべきユーザーの特徴としては、リーク情報では無くApple公式からの発表を待ってスペックを確認してから判断する方が良いでしょう。

iPad(第9世代)を買うべきユーザーの特徴は、現状のiPadのスペックに不満が無い&すぐにでもiPadが欲しいという風になります。

第10世代を待つべきユーザーにも第9世代を買うべきにも当てはまる場合はどうするの?

どちらにも当てはまる場合は、

【第9世代を購入して売却してから第10世代を購入する】

とはいうのが良いのかなと思うよ!

Apple製品のいい所は、Android製品と違って買取価格が短期間で急落するということが無いという所です。

例えば、2021年9月に発売された『iPad(第9世代)』と『Xiaomi Pad 5』の発売価格と2022年5月時点での買取価格を比較してみましょう。

iPad(第9世代)Xiaomi Pad 5
発売価格256GB/57,800円256GB/54,780円
発売日2021年9月24日2021年11月26日
買取価格(未使用品)イオシス:47,000円
じゃんぱら:50,000円
ゲオ:45,000円
イオシス:29,000円
じゃんぱら:33,000円
ゲオ:30,250円
差額7,800円〜12,800円21,780円〜25,780円

未使用での比較ではありますが、Apple製品の方が高価買取であるということが分かって頂けたのでは無いでしょうか?

どちらにも当てはまる場合には、iPad(第9世代)を購入しておいてiPad(第10世代)が手に入るまで利用してみるのが1つだと自身は思います。

できるモンはスペックによって、現在愛用しているiPad(第9世代)を売却するつもりで居るよ〜

iPad(第10世代)以外の購入も検討してみる

あえて無印iPadの第9世代や登場予定のiPad第10世代ではなく、mini/Air/Proのシリーズの購入を考えてみるのも1つかもしれません。

無印とは違って各シリーズの性能は高くなっていて、持ち運びに特化していたりクリエイティブな作業が出来たりします。その分お値段が高くなってはいます。

Amazon Prime Day(アマゾンプライムデー)では、iPad Air(第4世代)が安くなるんじゃ無いかな〜と予想しています。ネットショッピングや家電量販店のセールの際に、iPad各製品の値段を比較してみるのもいいかもしれませんね。

はたまた、現行モデルや登場予定のモデルでは無く型落ちモデルの検討をしてみるのも1つかとは思います。が、型落ちモデルの方が高くなっている場合もありますので価格をしっかりと調べてから購入することをおすすめします。

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。リーク情報ではありますが、『iPad(第10世代)を待つべきか?iPad(第9世代)を買うべきか?』という疑問をまとめてみました。

個人的意見モリモリなので、色んな意見を参考にしながら検討することをお忘れなく!

必ずしも買える訳では無いですし、リーク通りのスペックで登場する訳でも無いので迷いますよねぇ…。同じく悩んでいる方のお役に少しでも立てたら嬉しい限りです!

今後も《Dekirumon Blog》では、iPadの予約情報や在庫情報・備忘録を更新し続けていく予定です!よかったら都度覗きに来てみて下さい。

それではまた〜

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました